House in Gamagori: caico architect officeが手掛けたです。

程よい距離感を生み出す2世帯住宅

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

親世帯と子世帯が一緒に住む2世帯住宅。それは土地の値段や高齢化社会などの問題などから重要なものとなっています。そんな2世帯住宅は多くの建築家や建築事務所も手がけており、様々な種類があります。今回紹介したいのはカイコ建築設計事務所が設計を行った建物。それは各世帯の間に適度な距離感を生み出す工夫がされた素敵な住まいとなっています。

生活スタイルが異なる2つの世帯

愛知県蒲郡市に建てられた「蒲郡の2世帯住宅」には生活スタイルの異なる2世帯が住んでいます。親世帯は1日の多くを家でゆったり過ごす一方、子世帯には家で元気に遊びまわる子供が3人もいます。また子供たちの父親は仕事のため夜に帰宅することが多いそうです。そんな親世帯と子世帯が一緒に住むには、お互いの生活が影響を与え過ぎないようにしなくてはいけません。そのためには快適に暮らせる適度な距離感が必要となります。そこで今回建てられた家には距離感を保てる工夫がされているのです。

各世帯が住む2つの棟

今回建てられたのは、それぞれが住む棟を持った建物。1つは3階建て、もう1つは2階建てとなっています。各棟はほぼ独立しており、一見するとそれぞれ別の建物にも見えるでしょう。3階建ての棟には家族が多い子世帯が住みます。一方で夫婦2人の親世帯は2階建ての棟に住みます。そのため子世帯側では子供たちが気兼ねなく家で遊ぶことができます。親世帯は落ち着いた暮らしを送ることができるでしょう。こうして独立した空間を持たせることで、それぞれの生活スタイルが保てるようになっているのです。

2つの棟を繋ぐ共用の玄関

ほぼ独立している棟に住むため、距離感があるように感じられるかもしれません。ですが実際には2つの世帯は決して離れてはいないのです。2つの棟の間には互いを繋ぐように共用で使う建物があります。そこにあるのは玄関。家の出入りの際に使用する場が共用となることで、それぞれの空間に住んでいても、お互いが顔を合わすことになります。このようにして共用部分は住む空間を繋ぐだけでなく、各世帯を程よい距離感で繋げるものになっているのです。

中間の場としての玄関

共用となる玄関にあるのは土間。土間とは屋内と高さが違い、地面に距離が近い空間です。それは屋内にある屋外であり、2つを繋ぐ中間の場所と言うことができるでしょう。本住宅では、そのような空間がシンボリックに2世帯住宅の共用部分に使用されています。もちろん、それは2つの世帯を繋ぐ場であり、屋外と屋内を繋ぐ場という中間の場所になります。こうして2世帯住宅は中間の空間を使うことで、繋がりと独立を生み出すのです。

程よい距離感を生み出す中間の場

2世帯住宅というと、時には距離が近すぎてしまい関係の取り方に苦労することもあります。その一方で、全く顔を合わせなければ、親世帯と子世帯が一緒に住む意味がなくなってしまうでしょう。そこで本住宅は、各世帯の間を繋ぐ中間の場所を設けることで適度な距離感を生み出しているのです。そしてお互いが心地よく暮らせる2世帯住宅を実現させているのです。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ    

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ    

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀      

募集ページはこちら

2世帯住宅について何か思うことはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!