30坪でつくる素敵な住まいの間取り

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

30坪でつくる素敵な住まいの間取り

A.Imamura A.Imamura
日名内村の家 モダンデザインの 多目的室 の dygsa モダン
Loading admin actions …

30坪の間取りを「狭い」と感じるか、「広い」と感じるかは、アイデア次第と言えるでしょう。狭くてもアイデア次第で快適な住まいをつくることができます。限られたスペースゆえ尚更配慮しなければならないことは、柔軟なアイデアで素敵な住まいの特徴に変わります。今回は、30坪でつくる素敵な住まいの間取りアイデアをご紹介します。

二階立て30坪の間取り

リビングからダイニグを望む オリジナルデザインの リビング の 芦田成人建築設計事務所 オリジナル
芦田成人建築設計事務所

リビングからダイニグを望む

芦田成人建築設計事務所

30坪の住まいの間取りを「狭い」と感じるか「広い」と感じるかは、アイデア次第と言えます。こちらは、木材をふんだんに使用し大きな開口部が印象的な明るいリビングルーム。キッチンとリビングに壁を設けずオープンにすることで、ゆとりある広々とした空間を実現しています。家族間のコミュニケーションや時間を大切にする広々としたリビングルームは住まいを開放的で明るい印象に仕上げてくれます。30坪の間取りアイデアで考慮したいリビングルームのポイントです。

平屋建て30坪の間取り

日名内村の家 モダンデザインの 多目的室 の dygsa モダン
dygsa

日名内村の家

dygsa

30坪の間取りは、二、三人で住むにはちょうどよい広さといえるでしょう。また、色々なものを置くスペースも工夫次第でしっかり確保できる広さです。こちらは、ナチュラルモダンな平屋建て。大きな土間通りと一段上がった住居スペースが緩やかに繋がる間取りが印象的です。部屋を細かく区切らないことで、大きな開口部が外の景色と内を繋ぎ、のびのびとした住居空間を演出しています。平屋づくりは、老後や車いすにも優しく、安心して住み続けることができます。

スキップフロアで緩やかにつなぐ住まい

クレバスハウス 書斎+リビングルームからダイニング・キッチン モダンデザインの リビング の 株式会社seki.design モダン
株式会社seki.design

クレバスハウス 書斎+リビングルームからダイニング・キッチン

株式会社seki.design

住まいのを開放的にするアイデアの一つに、スキップフロアの利用が挙げられます。段差によって視覚的に空間を区切り方法は、壁や廊下スペースを省き開放的な空間を実現できます。こちらは、スキップフロアでつくられたぐるぐると回遊できるように工夫された住まい。遮る壁のない広々とした空間と上下する視線がリズミカルで楽しい住まいは、30坪の間取りに取り入れたい素敵なアイデアです。

クレジット: A.FUKUZAWA

吹き抜けで住まいを明るく

2010 HMC House モダンデザインの ダイニング の AtelierorB モダン
AtelierorB  

2010 HMC House

AtelierorB  

住まいの開放感や広さを意識する要素に、「横の広さ」と「縦の高さ」があります。家の建坪という横のスケール感を十分に満たせない場合、吹き抜けのある家は縦の高さは、住まいに開放感をもたらしてくれます。こちらは、ホワイトベースのI字型リビングキッチンに吹き抜けのある家。リビング部分を1階と2階に分断しないことで、開放感と豊かな採光を実現しています。住宅密集地で隣の家が迫っていても2階部分のガラス窓から日光を取り入れることが可能な吹き抜けはリビングに取り入れたい素敵なアイデアです。

二世帯住宅の可能性は?

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅 モダンデザインの リビング の AIRアーキテクツ建築設計事務所 モダン
AIRアーキテクツ建築設計事務所

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅

AIRアーキテクツ建築設計事務所

30坪で二世帯住宅を可能にするためには、無駄のない土地利用計画が大切です。二世帯住宅では、二階建てや三階建てにし世代ごとの生活習慣を尊重した独立型の二世帯住宅や、家族みんなが集う大きなリビングルームやバリアフリーにこだわった同居型も考えられます。二世帯住居を考える場合、30坪の二世帯住居のコンセプトと間取りに沿って賢い土地利用計画を練ることがポイントです。

クレジット: photo by Hiroyuki Hirai

階段の工夫

階段 の Style Create モダン 木 木目調

限られた狭いスペースでは、玄関や階段スペースが暗い印象になりがちです。スキップフロアや吹き抜けの間取りを利用して、暗くなりがちな階段スペースを家の中央に配置してみましょう。住まいの中心に緩やかなゆったりとした階段や、スケルトンデザインの階段などを選ぶことで、光や風が通るような明るい印象に仕上がります。また吹き抜け同様「縦の高さ」を意識させ、圧迫感のないゆったりとした住まいが実現できます。

【間取りについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 間取りの種類まとめ

※ 間取りで失敗しがちなポイントまとめ

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

限られたスペースでも柔軟なアイデアで素敵な住まいを実現できます。是非、コメントを書いてください!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!