見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

プライバシーを守り、広がりを感じさせる住宅

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

熊本市に建つ住宅「Lucent Court House」。ミニマルな外観を持つ本住宅は、建築士事務所「アトリエスクエア」によって建てられました。そんな建物の外壁では窓を見つけられず、外側から見えるのは壁ばかり。そのため建物内部の様子を伺うことは簡単ではありません。このような住宅が建てられたのは施主の要望のため。ただし建物はその要望をただ満たすものではありません。そればかりでなく心地よい暮らしを可能にしているのです。

光をもたらす木製の格子

本住宅は外から見ると窓がないように見え、光が射し込まない暗い空間が広がっているように思えるかもしれません。ですが実際はそうではないのです。一見すると茶色の外壁に見えるの木製の格子。それは窓の外に取り付けられ、中の様子を窺えないようにしています。外から内側が見えなくても、内側からは格子の合間から外の景色が見えます。それだけでなく格子は適度に日の光を建物内部へともたらします。そのため建物内部には明るい空間が広がっているのです。

建物内部に広がる中庭

建物内部に設けられたのは中庭。それは小さな空間ですが、木々が植えられており、都会的な空間に緑をもたらしてくれます。太陽の光が中庭に射し込み、風は木々の葉を揺り動かします。外に対して閉じているように見える建物ですが、実際には内側に中庭があり窓の外に広がる美しい緑を楽しめるようになっているのです。そのため建物では心地良い広がりを感じることができるでしょう。

壁や天井に隔てられることのない屋内空間

2階よりリビングダイニングを見下ろす: Atelier Squareが手掛けたリビングです。
Atelier Square

2階よりリビングダイニングを見下ろす

Atelier Square

また中庭だけでなく建物内部にも広がりを感じさせる工夫されています。それは壁や天井で隔てられることのない空間。本住宅のキッチンはダイニングルームと繋げられ、1つの空間となっています。そこには吹き抜けも設けられているため、ここにあるのは天井が高く広がりのある空間。こうした空間は家族での食事や食後の団欒にゆとりをもたらしてくれるに違いありません。

圧倒的な広がりを生み出すガラス窓

ダイニング: Atelier Squareが手掛けたダイニングです。
Atelier Square

ダイニング

Atelier Square

食卓がある空間から見えるのは緑が美しい中庭。建物内部に作られた庭園を眺められるように、中庭と吹き抜けのある空間の間にはガラス窓が設けられています。こうして広がりを感じさせる2つの空間は繋げられ、さらなる広がりを生み出しているのです。そのため外観から想像してしまう圧迫感を感じることはありません。それどころか圧倒的な開放感を感じることになるでしょう。

プライバシーを守り、広がりを感じさせる住宅

そもそも本住宅を建てる際、設計を依頼した施主が建築家に依頼したのはプライバシーの確保でした。ですが外から中を見えないようにすると、外との繋がりが弱くなってしまいます。そのため閉塞感を感じさせる空間になることもあるのです。そこで本住宅ではプライバシーを守りながらも開放感を感じられるように、木製の格子、中庭、そして吹き抜けを設けています。こうして普通では両立させにくい、プライバシーを守り、広がりを感じさせる空間を実現させて、心地良く暮らせるようになっているのです。

撮影 岡本公二

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?是非コメントを書き込んで下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!