ユニークな家が集合!世界の家10

Shoko Shoko
Loading admin actions …

国々によって違う家のスタイル。しかしユニークなデザインだと、それぞれ驚いたり参考にしてみたり。家をつくるのにこれといった決まりがないから、建築家達はどんどん新しいもの取り入れて刺激し合っているのでしょう。今回はそんな世界の家を紹介していきます。

ユニークと環境に考慮したドイツの家

まんまるとしたユニークな外観をもつこちらの家はドイツのOptigrün international AGによって手がけられたもの。屋上には緑が生え、こちらは屋上緑化というエネルギー消費を抑えつつ冷暖房の効率を向上させる技術だそう。見た目にもこだわりながら環境の事も考えている、参考にしたい建築の一つですね。

フランスで贅沢を独り占め

斬新なデザインの家で、ユニークさにこだわったこちらはフランスの建築家によって手がけられたもの。外観はブラウンとブラックでシンプルですが、実は見えないところでプールとリゾート感たっぷりの雰囲気が味わえるのです。贅沢を独り占めできますね。

地形を活かした日本の家

ユニークなデザインの家なら日本だって負けていません。愛知県を拠点に活動をする一級建築士事務所ROOTEがてがけたのは、斜めの地形をそのまま活かし個性的な外観にしもの。急な坂でも不思議な家を見ながらだと楽しく歩けそう。

ブラジル: 自然と仲良く

ブラジルのーによってつくられた家は、室内と外の自然が一体となっている空間。大胆な植物や大きめな緑をテーブルに置いたって、外を見れば大自然が広がっているため空間に溶け込んでいますね。インテリアはホワイトにエメラルドグリーンをアクセントに取り入れたシンプルなものとなっており、自然を特に感じられる空間となっています。

日本の暖かな家

home sweet home: ATELIER TAMAが手掛けた家です。
ATELIER TAMA

home sweet home

ATELIER TAMA

岡山県を中心に活動をするATELIER TAMAによって手がけられたのは、外観からも暖かみが感じられる木材でつくられた家。和を感じさせながらも、左右違う長さの屋根でモダンさも取り入れています。優しい雰囲気の家に仕上がりました。

ブラジルの午後

大きな窓から心地よい風が吹きそうな、こちらのベッドルーム。オレンジとブルーで仕上げられた空間はブラジルのインテリアデザイナーに手がけられました。柄はそれぞれ違っても、同じ色を取り入れているのでまとまり一体感がありますね。ゆっくりとリラックスできそう。

沖縄の風を感じて

オレンジの屋根で守られる沖縄の家。青い空と緑の木々で自然を肌で感じられますね。こちらを手がけたのは株式会社 東設計工房。リビングは扉が大胆に開けるため、気持ちのいい風が室内を通り抜けることでしょう。グレーのデッキで涼しさも感じられる家に仕上がりました。

メキシコの高級感あふれる家

メキシコの建築家が手がけたのは、大きなプールがある高級感あふれる家。大胆な構造で、家族を守るという家の力強さが感じられます。夜は周りの緑に囲まれながらオレンジの光に包まれロマンチックな空間を味わえそうです。

ドイツのランプのアイデア

目に止まるこちらの照明はドイツのLieselotteが手がけたもの。普段日常に使うものも、ちょっと視点を変えるだけでユニークで可愛らしいインテリアができてしまうのですね。世界には驚くようなアイデアを持つ人が沢山います!当たり前の反対をすると、思わぬ新しい物が発明できるかも?

窓でアートを

大阪を中心に活動をする南川祐輝建築事務所が手がけたのは、大きさの違う窓が沢山ある可愛らしい家。夜、空間によって違う色のライトを取り入れる事により、ここはどんな部屋なんだろう?と覗いてみたくなりそう。室内のアレンジ次第でいくらでもデザインできますね。

気に入った家はどの国のものでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!