床下収納のメリット・デメリットまとめ集

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

床下収納のメリット・デメリットまとめ集

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
前川の住宅: 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた寝室です。
Loading admin actions …

床下収納を自宅にも取り入れて、少しでも収納スペースを増やしたいと考えている方も多いと思います。特に、狭くなりがちな日本の住宅にとっては、工夫次第で大きな収納スペースながら住空間を狭めない便利な収納方法の1つです。そこで今回は、床下収納のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。台所だけでなく、和室や洗面所などにも設置することもできますので、長所短所を十分に考慮しながら、うまく住まいに取り入れてみて下さい!

床下収納で住空間を狭めることなく収納スペースアップ

床下収納の最大の魅力と言ってもいいのが、たんすやクローゼットとは違い、住空間を狭めることなく収納スペースを増やすことができる点です。そうしたことからも、土地が狭く限られている日本の住宅において、少しでも空間を有効利用できる収納方法の1つとしてよく採用されることとなっています。キッチンにある床下収納を思い浮かべる方も多いと思いますが、こちらの住まいのように、段差を少し設けるだけでその床下に大きな収納スペースを生み出すこともできます。

写真:金田 幸三

あまり使うことのない調理器具や非常食にとっては最適の収納場所

Spiral Cellarsが手掛けたワインセラー
Spiral Cellars

Original Spiral Cellar with Recessed Trap Door for Timber

Spiral Cellars

昔からキッチンの床下収納には、漬物や梅酒など、長い期間をかけて作られる食材が納められていました。常に目に触れることはなく開け閉めする機会も少ないことから、そのような使用頻度の少ない食品や調理器具、あるいは非常食といった物を収納するには最適の場所となります。床下収納が洗面所にあれば、洗剤やティッシュペーパーなどのストックを保管しておく便利な場所ともなるので、設置する部屋によってうまく使い方を考えてみて下さい。

人目に触れることのない収納場所

子夫婦寝室(造り付けの床下収納): 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた寝室です。
一級建築士事務所co-designstudio

子夫婦寝室(造り付けの床下収納)

一級建築士事務所co-designstudio

見せる収納によって、物を納めておきながらインテリアを飾るようなこともできますが、当然あまり人目に触れる場所に置いておきたくない物もあるはずです。そうした際に、床下収納であれば完全に人の目に入ることはありませんし、こちらの住まいのように、段差を利用して収納スペースを設けることで、そこに床下収納があることすら気付かないようなきれいでシンプルな収納に見せることもできます。

湿度や温度が変化しやすい床下収納

Spiral Cellarsが手掛けたワインセラー
Spiral Cellars

Original Spiral Cellar and Recessed Trap Door for Ceramic and Stones Tiles

Spiral Cellars

床下収納の注意点は、湿度や温度が変化しやすいため、なるべく缶詰やビンなどの腐らない物を収納することです。頻繁に中に入っている物を見ることがないので、何が入っているかを忘れてしまうこともあります。頻繁に使うような物を入れておくと、特に食材の場合は大変です。最近では、温度や湿度が管理可能な新しい床下収納も出てきていますので、そうしたものを取り入れてみてもいいかもしれません。

床がフラットでなくなる

homifyが手掛けたワインセラー
homify

Original Spiral Cellar with recessed Trap Door for timber kitchen

homify

もう1つのデメリットは、床下収納の扉部分によって床がきれいな平らな面ではなくなってしまう点です。特に、キッチンにある場合は、その上を移動する度に軋むような感じを受ける可能性もあります。また、水などの汚れを掃除しにくい場所となることもあるので、設置する際にはその場所をどこにするかを、そうした点をよく考慮しながら決めていきましょう。

出し入れに一苦労

homifyが手掛けたワインセラー
homify

Retractable Round Glass Door

homify

先の例のような、段差を利用した床下収納では気になりませんが、一般的な床の下にある収納の場合、中の物を出し入れする際にその都度床に座る必要があり少し大変な作業となります。そんな時は、こちらのように、階段を設置しながら螺旋状に降りられる収納スペースとしてみてもいいかもしれません。ただし、地下室となることもあるので、建築家と相談しながら、使いやすく大きな収納場所としていきましょう。

床については、こちらの記事でも紹介しています

※ 土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット

※ 床暖房で住まいを暖める6つのメリット

※ 床タイルでスタイリッシュで清潔な住まい!その特徴とメリットとは?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀
募集ページはこちら

床下収納でスペースを有効利用していきましょう!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!