稜線の家: ウタグチシホ建築アトリエ/Utaguchi Architectural Atelierが手掛けたリビングです。

穏やかに大らかに。ミニマルな平屋住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

ミニマルかつ抽象的な世界観を持ちつつ、とても実用的で居心地がいい平屋住宅。内と外、黒と白、相反する要素も丸ごと包み込むような大らかさと穏やかさも感じるこちらの住宅、手掛けたのは愛知県を中心に活動しているウタグチシホ建築アトリエです。

玄関側外観

こちらが住宅玄関側外観です。外壁に使用された白いガルバリウム鋼板が清潔感のある明るい外観を作っています。ゆったりとした庇は強い日差しや風雨などから住人やゲストを守り、大らかに内へと迎え入れてくれる、そんな雰囲気を作り出しています。ガルバリウム鋼板の幅にサッシのサイズや木製建具の框、玄関ドアの割付などを揃え、無駄な線をなくすという建築家の細やかな配慮により、よりミニマルで洗練された印象の外観となっています。そして玄関を入ると正面にウッドデッキのある庭へつながる開口部があります。内に入ったらすぐに外がある… というような曖昧さがこの住宅を紐解く大きなポイントです。

道路側外観

実はこの住宅、前面道路に面した駐車場から見ると全く異なった表情を見せます。穏やかで優しげな印象だった白い外壁の玄関側とは正反対とも言える、黒いキューブ状の閉じられた外観はシンプルで強くクールな印象。しかし建物のボリュームを極力抑え、さらに斜めに配置することによって周辺への圧迫感を抑えています。建物左側には庭があり、隣接する和室の地窓から植生を眺めることができます。高低差のあるふたつの開口部が印象的です。

内部

寝室以外はワンルームにまとめられた内部。リビングダイニングの延長に小上がりの和室と書斎コーナーを配置しています。壁やパーテーションなどの仕切りは無くてもこのように高低差を付けることで、ワンルームの開放感を損なわずにゾーニングできます。また小上がりの和室は腰掛けるのにも便利。ゲストが多く集まった際には畳に座ったり、腰掛けたり、椅子を持ってきて座ったりと、それぞれ自由なスタイルで集うことができて楽しめます。

ウッドデッキテラス

もう一つのリビングルームがこちらのウッドデッキテラスです。とても陽当たりが良く、家庭のシンボルツリーでもあるエゴノキが枝を伸ばす気持ちのいい場所。このテラスはリビング、玄関ホール、洗面室の3か所から出入りできるという接続性の高さが、外部と内部の境界を曖昧に、外にいても内にいるような心地良さと安心感を、内にいても外にいるかのような開放感を味わうことができる住宅を形作っています。また、白と黒の外壁、そしてウッドデッキのブラウンという三色が組み合わされたナチュラルながらモダンなセンスを感じるスペースでもあります。

廊下

奥行の長い敷地に合わせて建てられたこちらの住宅には長い廊下があります。廊下は装飾性の高い場所ですが、形状によっては間延びした詰まらない空間になることも。特に単にだらだらと長い廊下は要注意です。こちらの廊下は一見何の装飾も無いように見えますが、起伏のある屋根の形状を天井に反映させ、また建具や開口部に枠を設けないというテクニックで、光と影の絶妙な陰影が作り出す白い抽象的な世界観を見せてくれています。一日のうちで何度もはっとする瞬間を提供してくれる空間です。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

ミニマルスタイルの平屋住宅いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さい。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!