大きくて特徴的な屋根が造るシンメトリーな住空間
宇都宮・屋根の家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けた窓・ドアです。

大きくて特徴的な屋根が造るシンメトリーな住空間

大きくて特徴的な屋根が造るシンメトリーな住空間

kanako K kanako K
Google+
kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

一生に何度とも無い新築の住宅計画。一般的なプランよりも視点を変えた個性的なモノにしたい!と思う事も珍しいものではないかもしれません。今回ご紹介するのは「シンメトリー」をベースに個性を感じる住まいです。中山大輔建築設計事務所/NAKAYAMA ARCHITECTSが手掛けるこちらの住まいは、外観からもその「大きな屋根」というだけでもちょっぴり個性的ながら、内部空間は左右対称のプランでまとめられたスッキリとした住空間が広がります。大屋根とシンメトリーが造る住空間、どんなふうにまとめられているのでしょう。ふんだんに用いられた木素材と相まってバランスのいい温かみ溢れる気持ちのいい住まいです。

ダイナミックな屋根が印象的な外観

敷地があるのは栃木県宇都宮市の住宅街の一角。角地に建つ本住宅、道路に面した外観は開口を抑えた閉鎖的な印象の外観に。閉鎖的でありながらも、見た目に強烈なインパクトを与えるのは大きなタップリとした屋根ではないでしょうか。屋根にひょっこりと顔を覗かせる小窓がヨーロッパ風にも、山小屋風にも感じられる、温かみのあるオシャレなデザインです。

鏡に映ったようなシンメトリーな住空間

玄関エントランスに踏み込むと最初に目にするのは、階段を中心に左右対称に区切られたシンメトリーな住空間。まるで鏡に映したような気持ちのいいほど対称な空間は一階にプライベートスペース、二階に家族の集まるパブリックなスペースが設けられています。ナチュラルな雰囲気が存分に感じられる室内木素材仕上げは温かみを感じられる住空間です。

特徴的な屋根から生まれた開放感

階段を駆け上がると広がるのは屋根勾配天井に大開口のある明るくて開放的なパブリックスペース。階段を挟んで左側スペースにはキッチン・ダイニングスペース。真っ白な天井仕上げに木のナチュラルな質感がピッタリと合う気持ちのいい空間です。まさに外観でイメージしたような山小屋のような温かみも感じることができます。明るい庭に面したキッチンはどことなくカフェのようなゆったりとした雰囲気のいい空間です。

心地よく連続する気配を感じるプラン

対する右側スペースにはリビング・和室のある寛ぎ空間。大きな屋根の懐を活かした開放的な空間は、パブリックスペースをまるでテラス席のように、一階空間とも連続した繋がりを感じられるプランです。単純でシンプルな対称空間をスッキリまとめたバランスのいい住空間です。

自然を取り込むようなテラス

対称的なプランによって可能になるのは、パブリックスペースとお庭がもれなく接続することかもしれません。鋭角に入り込むようなお庭は和室からも、キッチンからも同じお庭を共有することが可能です。プライベートとパブリックが明確に分かれていながらも、緩やかに連続しているプランは繋がりを感じることの出来る調和のとれた住空間かもしれません。太陽の日差しがたっぷり注ぐウッドテラスはファサードの印象とは異なった意外性のある住まいですね。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!