透明な地形: 南川祐輝建築事務所が手掛けた家です。

遊び心溢れる建物「透明な地形」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回紹介するのは生活に遊び心を加える素敵な家です。遠くからその家を眺めると、見えるのは形がバラバラな窓、そして建物の中央部分がくり抜かれている特別な構造。そのため一目見たら忘れられないような特別な印象を感じられるでしょう。そんな家を手掛けたのは建築家の南川祐輝。このような個性的な本住宅は特別な暮らしを演出してくれます。

特別な形をした外観

住宅街の中でひと際目立つ建物。それに近付くと、大いに驚かされるでしょう。建物はくの字型の不思議な形をしています。ただし目を引くのはそれだけではありません。敷地には1.5メートルほどの段差があり、建物には高低差が見られます。そんな外観を際立たせるように、壁に不規則に取り付けられた窓が印象的な模様を生み出しています。そして中央部に見えるのは四角形にくり抜かれた空間。そのためこの建物は従来のものとは全く違って見えるでしょう。

遊び心を感じるテラス

建物の中央部のくり抜かれた空間には梯子が架けられており、上ることができるようになっています。そこにあるのはテラスとして使える空間。屋外であるにも関わらず、屋根があり、天候を気にせず利用することができます。また舞台のような場所となっているため、普通のテラスやベランダとは違った体験ができるでしょう。テラスを通り抜ける風を感じてリラックスをしたり、子供たちの遊び場所になったりと自由な使い方ができます。それは他とは違うだけでなく自由な使い方ができる遊び心溢れる空間となっているのです。

建物内部に広がる大階段

こうした遊び心が感じられる空間は建物内部にも広がっています。建物の中に広がるのは天井の高い空間。空間を遮るような壁や天井などはなく、建物は1つの空間のようになっています。そんな空間で目立つのは階段の存在。敷地には段差があるため、それに合わせて大階段が作られています。階段は他の階へ移動する空間となりますが、こでは明確な用途がありません。そのため本を並べるための棚や、座って話す際の椅子になるなど、様々な使い方ができるでしょう。

自由な使い方ができる空間

空間の自由な使い方はテラスや階段以外にも見ることができます。浴室、トイレ、キッチン以外には明確な用途を与えられた場所がありません。そのため建物内に広がる空間を生活に合わせて自由に使うことができます。例えば、日の光や気温の変化に応じて、家族が集まる場所や、寝る場所も変えることができるでしょう。ここで住人は住まいに制限されることはなく、状況に応じて自由に使うことができるのです。

新しい発想を可能にする家

本住宅は他に無い特別な形をしていいます。そこには建物をくり抜いて作られたテラスがあったり、地形を利用した大階段があったりと強い個性が感じられるでしょう。ですが、それはただ目立つためのものではないのです。それは住む人を刺激して、空間の使い方を考えさせることになります。そして遊び心によって住む人に新しい発想を可能にさせてくれます。ここでは固定観念にとらわれることはなく、新しい生活のあり方を見つけられるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?是非コメントを書き込んで下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!