立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたリビングです。

最小限のスペースを最大に活用するワンルーム住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

子供が生まれ家族が増えるとより広い居住空間が必要になります。 しかし家を増築するのは簡単なことではありません。そんな時あなたはどのような選択をしますか?

宇都宮市に拠点を置くSTUDIO POHは、さまざまな角度の複層構造を組み合わせた、立体的な空間構成で実用度の高いワンルーム住宅を設計しました。ワンルームと言っても内部には一般的な家庭の構成をきちんと備えています。夫婦と二人のお子さんが住む、最小限のスペースを最大に活用した立体的なワンルーム住宅を紹介します。

外観

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたリビングです。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

コンクリート打ちっぱなしで仕上げた住宅は、ワイルドながらシックな魅力のある外観です。 コンクリート本来の質感がしっかりとした安定感を与え、都会的なイメージのある洗練された印象。 寝室や子供部屋など個人的な空間もワンルームに配された住宅のため、道路側は窓を設置しない閉じられたファサードでプライバシーを保護しています。

室内全体像

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたリビングです。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

玄関を入るとすぐにキッチンにつながります。生活空間はキッチンよりわずかに高く構成し、視覚的により広く見える効果を与えました。ダイニングスペースはキッチンに最も近い場所に、その手前がリビングスペースです。リビングから一段上がった場所は二人の子供のための空間、そしてより一段上がった最も高い場所が寝室です。各スペースは高低差があるのみで手すりやパーテーションを使用せず、空間を広々と見せています。

廊下を兼ねるキッチン

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたキッチンです。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

キッチンは玄関とリビングスペースの間、廊下を兼ねる部分であるため、その細長い面積に合わせて配置されました。視線を分散しないよう小さな装飾や小物は排除して、コンクリートそのものにポイントを合わせた無駄のないミニマルな構成となっています。ワンルーム空間を不自然に分ける大きな照明ではなく、カウンターの上に細長いデザインの照明を設置して実用性を高めました。

快適な環境を作るバルコニー

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けた庭です。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

いくら実用的な空間構成であっても、四方が迫った狭いワンルーム形式の家では、快適な生活環境を期待するのは難しいもの。そこで 建築家は、リビングスペースに面して遮るものの無いバルコニーを設置して息苦しさをなくし、より快適で居心地の良い室内空間としました。建物全面に渡ったバルコニーは、たとえその規模は小さくてもリビングスペースを拡張する効果はもちろん、室内全体を明るく快適に維持するために大きな役割を果たしています。 大人も子供も庭で遊ぶことができ、日光と澄んだ空気の中で育つことができる健全な環境を提供しているこのバルコニーは、ワンルーム住宅最大のデメリットを解決する大きな要素です。

四層構成

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたリビングです。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

室内空間はご覧のように四層に構成されています。 キッチンから一段上がったリビングスペース、子供部屋、最上段の寝室というように立体的な構造。 スペースを節約するため階段は省略し、壁に正方形のリングを設置しました。 生活に必要な最低限の要素だけで居住環境を飾る、ミニマルで実用的なアイデアが印象的な室内です。

収納スペース

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けた和室です。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

小さな家が解決しなければならない最大の難題は、収納スペースの確保です。 全てのものをすっきりと整理・整頓して視界から遮断することが理想的ですが、空き容量がない場合には簡単なことではありません。そこで建築家は床下のスペースを収納とすること問題を解決しました。立体構成で子供部屋を上げたことで下の空間が空き、ここだけでもかなり大きな収納スペースを確保できました。

空間を立体的に使用することがポイントですね。ぜひあなたの感想も教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!