周辺環境に左右されない!中庭を取り込む住空間
C-HOUSE: 株式会社長野聖二建築設計處が手掛けた庭です。

周辺環境に左右されない!中庭を取り込む住空間

周辺環境に左右されない!中庭を取り込む住空間

kanako K kanako K
Google+
kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

在るのと、無いのとでは大きな効果の違いを感じるであろう「中庭」スペース。近年の住宅にも積極的に取り入られることの多いスペースですが、もっと機能や可能性を探ってみる価値がありそうな空間ですよね。「中庭」と「住空間」をもっと隔たりなく、近いものに感じられる空間は自然を身近に感じられる心地のいいものになりそうでそうですよね。今回ご紹介するのは、「庭を中の空間のように感じたい」、そんなお施主さんの思いから生まれた自然を  感じる住み心地のいい住まいに。長野聖二・人間建築探険處が手掛けるこちらの住まい、コート型ハウスにすることでプライバシーを守りつつも自然を呼込む豊かな住空間に。周辺に圧迫感を与えないように配慮されたフォルムやエクステリアによって、緑に包まれるようなナチュラルな外観を持った住宅です。

生い茂るエクステリアに包まれた外観

敷地は穏やかな住宅街の一角。建物の外形を多い隠すような背の高い木々に囲われた本住宅、真っ黒な外壁カラーでシックな外観です。明確に姿を見ることのできない外観は周辺の環境と馴染んでいるようにも感じられます。生活感を感じさせないその外観はプライバシー性にもセキュリティー性にも優れたデザインではないでしょうか。屋根の上部にある空洞、そして覗く植栽が何とも興味をそそられる趣でもあります。

光の降りる住空間の延長のような中庭

三つの中庭を持つ本住宅、市松模様のように互い違いに配置されたプランは屋内外の空間を違和感なく「混ぜる」ことかもしれません。外観からも印象を残していた、屋根をくり抜いたような中庭のスペースには背の高い植栽。白い外壁と、室内の木フロアから延長しているような統一された中庭の床仕上げ、床から屋根勾配天井まで明一杯開く開口によって、屋内外を一体的に感じられる住空間が広がります。

一体的に、開放的に!

一階スペースは可能な限り天井の高さを抑えたスペースと、吹き抜けのある開放的なリビングスペースというコントラストのある住空間。そのコントラストによってリビングスペースに感じる開放感は一段と気持ちのいいものかもしれません。対面する中庭スペースには自然光がたっぷりそそぎ、奥行を感じることができます。プライバシーの確保された自然を感じるリビングは心も体もゆったりとリラックスできる空間です。

収納力を備えた繋がりを感じるワークスペース

吹抜けに面した二階ワークスペース。家族のだれもが使う事ができるスペースはリビングと空間を共有するような繋がりを感じる事ができます。背面には収納力に優れた大容量の壁面収納を。ワークスペースから奥へ子ども室、各個室へと徐々にプライベートな空間へ連続していくプラン。パブリックとプライベートが程よい距離を保った住空間です。

心地よい陰影を感じる静かな浴室

ホワイトカラーで統一されたシンプルな浴室。浴槽の脇にある開口から伸びる一筋の明かりがシンプルな浴室インテリアにちょっぴり陰影を感じさせる演出に。特別な装飾がなくとも、光や風の取り込み方ひとつで、明暗や静養を感じる心地よい空間を味わうことができます。

中庭に向かって一面に開く大開口は開放的で気持ちがいいですね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!