見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ブラジルのアップサイクリングなアパート

homify japan homify japan
Loading admin actions …

「アップサイクリング」というワードを聞いたことはあるだろうか。もう使われなくなった商品などのパーツを組合せ、元のプロダクトよりも美しく、使い勝手のある物に変換させるプロセスを「アップサイクリング」と呼ぶ。近年、リサイクル商品やソーラーパネルなど、環境にやさしい商品が増えてきており、消費者も環境に配慮した商品に目を向けるようになってきた。粗大ごみを減らせるこのアップサイクリングな家具達は、今人気のスタイルとも言えるだろう。

アップサイクリングはリサイクルとは少し違う。リサイクルアイテムは原型が全く分からないような姿をしているが、アップサイクリングアイテムは原型の形をそのままに、幾つかパートを変えることによって新しいアイテムとして生まれ変わる。この流行は、アップサイクリングデザイナーというカテゴリーまでも生み出した。今日homifyでは、ブラジル、サオパウロ市内の、アップサイクリングスタイルのアパートをご紹介致したい。

リビング

Mauricio Arruda Designが手掛けたリビング
Mauricio Arruda Design

ANTONIO CARLOS RESIDENCE

Mauricio Arruda Design

リビングルームは、それぞれ少し違ったスタイルの家具や、色々な色のプロダクトがごちゃまぜに組み合わされ、ユニークな雰囲気を作り出している。レトロスタイルのスツールは、今ではコーヒーテーブルとして使われ、元の椅子としての役目を果たしていない。このテーブルの様に、写真に写る多くのアイテムは、元は他の商品であった。

テレビルーム

Mauricio Arruda Designが手掛けたリビング
Mauricio Arruda Design

ANTONIO CARLOS RESIDENCE

Mauricio Arruda Design

1954年にデザインされたFlorence KnollInソファは、壁に掛けられた現代的なイラストや、プリント、そして古びたコーヒーテーブルと上手くマッチしている。自分の「好き」を信じて、好きなものをかき集めたらいつの間にか抜群の味とバランスを作りだすことを教えてくれる空間だ。

House of Cards

Mauricio Arruda Designが手掛けたダイニング
Mauricio Arruda Design

ANTONIO CARLOS RESIDENCE

Mauricio Arruda Design

このテーブルは'House of Cards'と名付けられた。名前通りテーブルの脚はトランプカードである。壁に掛けられた写真やプリント達は、それぞれ異なったスタイルと色で、完璧にマッチしているとは言えない。けれどこんなバラバラ感が、明るく、若々しい、エネルギーに溢れたポジティブな空間を作りだしている。

フロアプランの変更

Mauricio Arruda Designが手掛けたキッチン
Mauricio Arruda Design

ANTONIO CARLOS RESIDENCE

Mauricio Arruda Design

このアパートのフロアプランはリノベーション前と大きく変わった。2つの寝室を壊し、キッチンをつくったことにより、オープンスペースが増え、人々のコミュニケーションがもっと増える空間となった。キッチンのデザインは他よりシンプルにしたことにより、小さなカップや鍋等、かわいく、ポップな子物達が際立つ。

壁を最小限に収める

Mauricio Arruda Designが手掛けたリビング
Mauricio Arruda Design

ANTONIO CARLOS RESIDENCE

Mauricio Arruda Design

この写真の中央には、元は壁があったのだが、その壁を壊し部屋の真中の柱だけ残した。これにより部屋全体に太陽の光が差し込み、より開放感がある明るい室内となった。更に、この写真でもアップサイクリングの家具を見つけることが出来る。写真左のカラフルなプラスチック製のボックスは、今では引き出しの役目をし、空間にポップで遊び心のある印象を与えている。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!