元気になれるカラフルダイニング

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

モノトーンのおしゃれなダイニングも素敵ですが、今回は色に焦点を当ててカラフルなダイニングを集めてみました。おいしそうな色を使ったカラフルなダイニングは、そこにいるだけでなんだか元気になれそうです。楽しいアイデアも含めてさっそくカラフルな空間をご紹介していきましょう。

様々な色の椅子

SOAP designsが手掛けたキッチン
SOAP designs

Venus Boardroom Table

SOAP designs

イギリスからはこちらのカラフルダイニングをご紹介します。青い壁も目を引きますが、様々な色の椅子が楽しそうに並んでいるのが印象的です。この有名なデザインの椅子は色がたくさんありますがこんな使い方をするとまた違った良さを味わえますね。天気が悪く落ち込む日もこんなダイニングで過ごしたら気分も上がって元気にな れそうです。

カラフルなモザイクタイル

キッチンの腰壁にカラフルなモザイクタイルを使ったこちらのダイニングは、株式会社ATELIER WAONが手掛けました。タイルの中からオレンジ色を一色選び、吊り棚や引き出しの扉に使うことで統一感を出しました。家の他の部分はシンプルに仕上げているので、余計にこのカラフルなダイニングに目が行きます。多少疲れ気味でもこんなビタミンカラーが家の中にあったら、そこから元気パワーをもらえそうです。

大胆な色使い

フランスからは壁に派手やかな色を施したダイニングキッチンをご紹介しましょう。写真では見えませんが手前に小さなダイニングスペースが設けられていて、丸い穴からのぞいたところに見えるのは二つ目のダイニングです。どちらにしても、空間を区切る壁にこのような色を使うとは大胆ですね。しかし、このピンクと黄緑のおかげでモノトーンのキッチンが生き生きとしてきます。これ以上でも、これ以下でも調和できない見事な色の使い方と言えるでしょう。このインテリアを手掛けたのはSKCONCEPT DESIGN PARIS。確信のあるコーディネート力で快適な住空間を提案しています。

ビタミンカラーのコーディネート

I's HOUSE: dwarfが手掛けたダイニングです。
dwarf

I's HOUSE

dwarf

ビタミンカラーである緑が新鮮なこちらのダイニングはDWARFが手掛けたものです。扉にも緑色を合わせていますが、色の分量が絶妙ですね。強い色のはずなのに不快感がありません。食器類にもビタミンカラーを使い、見ているだけで元気になりそうなダイニングルームです。

スタイリッシュなカラーコーディネート

ブラジルからはおしゃれなカラフルダイニングをご紹介しましょう。形の違う紫色のペンダントライトがユニークで印象的です。赤いコードにも小さい部分ですがこだわりを感じますね。椅子は無地と柄の2種類を合わせていますがおいしそうなオレンジ色が白いテーブルに映えています。こちらのインテリアを手掛けたのはDUDA SENNA。強い色を使いながらスタイリッシュな空間をコーディネートしています。

アートのようなドア

Viewport Studioが手掛けた引き戸
Viewport Studio

West London house

Viewport Studio

こちらのカラフルな空間は、ロンドンから。アートに造詣が深いオーナーと見えて、いたる所に個性的な家具や照明器具がレイアウトされています。キッチンとリビングダイニングを仕切るスライディングドアにそれぞれ違う色を施して、これもまるでアートのようです。この住宅を手掛けたのはVIEWPORT STUDIO。個性の強い物たちを大きな空間の包容力で居心地よく調和させています。

おしゃれ度の上がる色

階段周りに窓のある家: sorama me Inc.が手掛けたダイニングです。
sorama me Inc.

階段周りに窓のある家

sorama me Inc.

こちらのキッチンの腰壁には少し彩度を落とした色が使われています。キッチンで使われるタイルというと白のイメージが強いですが、こんなふうに色で遊んでみると温かみが加わります。ここではキッチンとダイニングの間仕切りの役目もある腰壁にカラフルなタイルを施し、インテリアとしてのおしゃれ度も上がりました。こちらの住宅を手掛けたのはSORAMAME INC.。東京を拠点に活動するインテリアデザイン会社です。

生活感のない空間

n-house: mattchが手掛けたダイニングです。
mattch

n-house

mattch

大好きなものに囲まれて暮らす家、そんな感じがするこちらの家のダイニングはとても楽しそうな空間です。床に敷かれたラグマットが色を持つすべてのものを調和させています。家を建てるにあたり、施主から要望があったのは「生活感のないショップのような建築」ということでした。配線ダクトに取り付けられた照明やカフェのようなキッチンからは本当に生活感が伝わってきません。でもここでの楽しい生活は簡単に想像することができますね。この住宅の設計を手掛けたのはMATTCH。「唯一無二」の価値ある空間を創造し続ける一級建築士事務所です。

カラフルなペンダントライト

大きなダイニングテーブルの上にはいくつものカラフルなペンダントライトが吊り下げられました。デザインも色も違うものをいくつか合わせることで単調な部屋に動きをもたらしています。さらに、波を打つコードがまるでオブジェのようです。緊張しそうな硬いイメージのダイニングの空間も、このような遊びのある照明器具の使い方で、和やかなくつろげる空間になりますね。

黒と黄色のコーディネート

この黒いテーブルの上に真っ赤なリンゴと緑色のブドウ、そしてオレンジ色のミカンが置いてあるのを想像してみてください。どうですか?かなりカラフルなダイニングになりませんか?黒でまとめたダイニングに目の覚めるような黄色い椅子というかなり潔いコーディネートですが、まるでテーブルの上に並ぶ物を計算に入れているかのようです。赤いお皿や青いコーヒーカップ、これらもきっとこの空間をカラフルダイニングにコーディネートするのにぴったりだと思います。

元気になれるカラフルダイニング、楽しく読んでいただけましたか?ぜひコメントを書いてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!