北鎌倉の家: 桑原茂建築設計事務所 / Shigeru Kuwahara Architectsが手掛けた家です。

家族が時間と空間を共有しながら暮らせる大らかな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

本日紹介する住宅はすり鉢状に雑木林が取り囲む敷地に建てられたもので、決して良好とは言えない日照条件をうまくクリアし、真冬でも陽光が降り注ぐ暖かい家になりました。建築家の桑原茂氏が目指した「家族が時間と空間を共有し合いながら、大らかに暮らせる家」、さっそく見てみましょう。

日照の悪条件を感じさせない凛とした佇まい

自然溢れる鎌倉の恵まれた環境ですが、敷地は周囲の雑木林が日照を遮るため、室内に暖かい日射しを確保すべく日照シュミレーションによって開口の位置や大きさを設定しました。その結果、真冬でも陽光が差し込む住宅が出来上がりました。大きめの開口が吹抜けのある空間に2層にわたって設置され、近隣に対しても開放的な印象を与えつつ一線を画す黒のモダンな外観がひと際目立ちます。

自然環境に馴染むモダンな外観

潔さを兼ねそなえたキューブ形の形態は周辺の里山風景にも馴染みます。道路側の開口は協力抑え、プライバシーの確保とともにモダンな佇まいを見せています。庭と雑木林に連帯感をもたらす庇がぐるりと張られ、玄関ポーチまで延びているのが印象的ですね。

広めの土間空間を自由自在に使う

ラスティックな雰囲気のエントランスです。木製の引き戸タイプの玄関ドアを開けると土間空間が広がり、視線が裏の雑木林まで抜けるように開口が計画されています。一般的な住宅の玄関口とは異なる広々とした土間空間はクライアント家族によって様々な使い方をされているらしく、豊かな毎日の生活が繰り広げられる大事な装置として機能しています。

収納たっぷりの玄関に続く粋な和室

玄関を入って右側はたっぷりの造り付け収納スペースと和室への入り口で構成されています。シックな色合いの床から天井までの建具を設えたすっきりとした土間空間から一段上がって落ち着いた雰囲気の和室が広がり、意外性のある間取りが豊かな空間体験を提供してくれます。

臨機応変に対応する引き戸を取り入れる

玄関扉を見たところです。実はこの家、間仕切り壁などの境界がほとんどないんです。必要に応じて階段室と玄関三和土部分の間に設置された引き込み戸をを利用すれば空間を仕切れるアイデア、是非取り入れたいですね。一体感のある大らかな家、家族と共有の時間を大切に過ごせそうです。

透明な建具を選ぶことで開放感をキープ

ガラス戸なので閉めても大変明るく開放的ですね。白木の窓枠や階段の踏板と黒のスチールが対照的でありながらお互い繊細な表情を作りうまく融け合っています。オープンな間取りのおかげで至るところに陽光が行き渡り、ちょっと変わった土間空間がゆとりのある生活シーンを生み出してくれます

土間空間から直接アプローチするキッチンとダイニング

土間を上がると直接ダイニングキッチンにアプローチといった機能的な動線が確保されています。木のフローリング材がそのままキッチンブロックの背面として立ち上がった統一感のあるインテリアですね。対面式のキッチンは積極的にコミュニケーションがとれるので、特にお子さんのいる家庭では考えたいポイントですね。

一体感のある間取りは天井高でメリハリをつける

キッチンダイニングから連続してリビングエリアが庭に向って配置されています。天井も一層の高さから二層分の吹抜けに変わり、よりいっそう開放感を増すワンルームと言えるでしょう。立地の関係で日射量が心配だった室内も高い位置からの採光も手伝ってとても明るい空間になりました。

家族が共有する時間と空間のある家は外部空間とも繋がる

最後に2階を見てみましょう。最小限の仕切りを設けただけの大空間に水平に伸びる木製のカウンター。家族みんなが使うワークスペースです。吹抜けに面した部分にまで延長することでさらに一体感を強調したダイナミックなデザインが印象的で、さらに大きな開口からは周囲の風景を取り込みます。建築家の目指した家族が時間と空間を共有し合いながら大らかに暮らせる家、まさに実現したと言えるでしょう。

開放的で明るい土間空間のある住宅いかがでしたか?是非感想を聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!