三俣の家: 桑原茂建築設計事務所 / Shigeru Kuwahara Architectsが手掛けた家です。

敷地の形状に負けない!3つの庭がある個性的な住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

住宅を計画する際、敷地の形状や大きさなどによる制約は頭を悩ませるところです。そんな時既成概念に捕らわれず配置計画をすることで、より豊かな住空間や外部空間を創造することができるんです。今回紹介するのは建築家・桑原茂氏が手がけた台形の旗竿形状の敷地に建てられた住宅で、配置や建物の形態に工夫を凝らすことで、ユニークかつ快適な空間が生まれました。

敷地の形状を生かして生まれたユニークな形態

Y字形の個性的な形態を持つこの住宅は、あえて建物を敷地の中心に配置し、その形態によって3つの庭が生まれました。それぞれ特徴のある外空間を作り出し、外部との関係性や眺めなどに変化をつけています。黒のシンプルなガルバリウム鋼板葺きの外観がクールな雰囲気を醸し出していますね。開口の大きさや形にも変化をつけ、プライバシーを確保しつつも採光や換気を十分取り入れることで快適な住環境を作っています。

想像以上の豊かなアウトドア空間

ウッドデッキを設けることで、アウトドア的な生活がぐっと身近になります。緑豊かな風景を背景に家族が楽しめる庭空間、是非参考にしたいですね。2層分の高さのある開口がプライベート感のある庭に向って設置されており、内部からの素敵な眺めも確保しています。風化したような味わいのあるウッドデッキも熟れた感じでモダンな住宅の佇まいと程よいバランスをとっています。

傾斜や角度が生む領域

内部を見てみましょう。フローリングも明るめの色調で統一したワンルームの開放感ある室内です。多様な角度をもった壁や階段、床が豊かでダイナミックな空間を形成し、ワンルーム空間に緩やかな領域を生み出しています。様々な方角に設けられた開口によって視線や風景が交差する個性的な家ですね。

落ち着いた雰囲気の地下空間

曲線を起用した壁面とアングルをもった収納付きの壁が思いがけない空間の豊かさを導き出します。こちらは施主のアトリエとして使用されている地下の居室ですが、スリット状の設けられた高窓からは十分な採光と換気を確保しつつ、地下空間ならではの落ち着きのある雰囲気がアトリエにはぴったりですね。

傾斜が生み出すホッとする寝室

台形の形をした居室って使いにくそうって思いがちですが、このようにベッドの背面に傾斜を持ってくることで、落ち着いた籠もり感のある寝室になりました。ちょっとした変化によって窓からの風景も違って見えます。造り付けの収納を取り入れたミニマルな空間で、クオリティの高い睡眠を保証してくれそうですね。

ブリッジが繋げる二階の居室

オープンなデザインの階段でアプローチする2階の居室は渡り廊下によって繋がっています。ハイセンスなブラックの部材が明るめの室内のアクセントとなっています。手間の空間は引き込み戸によって独立した居室にもなり、臨機応変に対応できる住空間は大変機能的です。

緩やかな繫がりをもった主要生活空間

前述のワンルーム形のLDK空間のインテリアです。建物の形態がリビングエリアとダイニングキッチンエリアを緩く区切った動線も抜群の間取りです。また吹抜けとそうでない部分によっても空間の領域が生まれ、視線が抜け交差しながらも程よい距離感が生まれるようなデザインですね。

豊かな住空間は必ず手に入る!

小窓をランダムに配置し、個性的な壁紙で演出したインダストリアルな雰囲気の階段からは一階と二階の様子が同時に感じられます。 敷地の難しさを巧く利用した結果 、多様な角度が変化に富んだ空間構成を生み、単一化しがちな一般住宅を個性的なものにしています。

厳しい条件下でもこんなに個性的で住みやすい住宅が可能なんです。皆さんの意見を是非聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!