MORTAR POT: nuリノベーションが手掛けたリビングです。

モルタルでおしゃれでモダンな住まいに!その特徴とメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

モルタルは、古くから建築に使われてきた材料の1つですが、最近ではそのモダンでスタイリッシュな印象が人気を集めています。しかし、その材料についてあまり聞いたことや知らない方も多いと思いますので、今回はモルタルの特徴やメリットについて紹介していきたいと思います。職人の手によって様々な美しい模様を生み出すこともできますし、DIYで自ら扱える素材でもあるので、それぞれの目的に合わせてうまく活用してみて下さい!

モルタルとは

モルタルとはそもそも、セメントと砂を混ぜ合わせて、さらにそこに水を加えて練ったもののことを言います。ペースト状のものを壁や床などに塗っていくので、継ぎ目のないきれいな仕上がりとなりますし、平らな表面だけでなく滑らかな自由な曲線を描く部分にも用いることができます。こちらの住まいでは、床や壁、さらには植木鉢にもモルタルが使われ、モダンでシンプルなインテリアとなっている中、緑の植物やピンクのダイニングセットなどがワンポイントとなって、さらに住まい全体をおしゃれな雰囲気に彩っています。

コンクリートとモルタルの違い

よく似ている材料としてコンクリートがあります。コンクリートは、セメントと砂、さらに砂利を混ぜ合わせて水で練ったもののことを言います。コンクリートの方がより強度が高く、鉄筋と組み合わせて建物の構造体にもなります。ちなみに、セメントとは石灰石や粘土などを主原料とするもので、水との化学反応によって硬化する材料で、コンクリートやモルタルにおいては接着剤のような働きをします。

接着のためのモルタルの使用

モルタルは様々な場面で使うことができますが、その1つに接着という特徴を利用した使い方があります。それは、レンガやブロックなどの目地材として使われ、それらをしっかりと繋ぎ止めているための使い方です。DIYでモルタルを扱いたい方は、セメントと砂の分量、そして水加減がとても重要になりますので、あらかじめきちんと配合量を量って混ぜ合わせていきましょう。

仕上げ材としての使用

モルタルのもう1つの一般的な使い方は、外壁や室内の床や壁などの仕上げ材としての利用です。湿式工法となるため、継ぎ目のない仕上げとなる他、手作業で塗っていくため様々な表情豊かな表現が生み出せる魅力を持っています。反対に、施工期間が長くなったり、職人の技術によって仕上がりが異なってくる点が短所となり得ます。

モルタル仕上げのメリット

ペースト状のものを塗っていくため、どんな形の場所にでも用いることができるのは1つのメリットです。また、リノベーションの際に、構造体がコンクリートであることも多いですが、そうしたコンクリートは仕上げとなることを想定していないため、無機質であまりきれいな印象を持たれない方も多いと思います。そうした時に、モルタルのモダンで滑らかな仕上がりはぴったりですし、他にも刷毛引きなど様々な表情の仕上がりを生み出すことができます。

仕上げの種類

モルタルの代表的な仕上げの仕方として、金鏝を使って表面を平滑にする「金鏝押さえ仕上げ」や、刷毛を引いて細かい筋をつける「刷毛引き仕上げ」などありますが、他にも異なる表情を生み出す色々な仕上げの仕方があり、表情だけでなく、滑りやすさや掃除のしやすさなどの機能性も異なってきます。また、こちらの住まいのように、現場の土と小石、藁、墨を混ぜたモルタル仕上げなど、原料によってもその仕上がりが異なってくるので、建築家と相談しながら、それぞれの住まいに合ったものを選んでいきましょう。

【壁の素材については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 荒壁とは?土壁について徹底解剖! 

※ 真壁vs大壁。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

是非モルタルをうまく住まいに取り入れてみて下さい!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!