多様な使い方ができる「5人家族の家」
5人家族の家: アトリエKUKKA一級建築士事務所/ atelier KUKKA  architects が手掛けたダイニングです。

多様な使い方ができる「5人家族の家」

多様な使い方ができる「5人家族の家」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

人目を引く建物が最近では増えてきている。それは独別な形や空間を持ち、普通とは違う外観が強い印象を与える。だが、それは単なる外見だけが重要なのだろうか。建築事務所「アトリエKUKKA」が建てたのは他とは違う家。それはただ違うだけでなく、従来の枠組を越えるような生活を可能にしてくれる。

少し変わった外観

神奈川県川崎市に「アトリエKUKKA」は家族のための住宅を建てている。その住宅の名前は「5人家族の家」。建物の外観を見ると、少し驚かされるかもしれない。なぜなら、そこには2軒の家があるように見えるからだ。というのも建物には2種類の壁がある。1つは灰色の壁。そして、もう1つは木材の茶色の壁。外壁の色がコントラストになっているように建物には性格の異なる2つの空間が広がっている。

2つの空間

建物は実際に2つの空間が組み合わされいる。灰色の外壁の空間には屋根裏があり、多くのスペースが内部に広がっている。その一方、木材を外壁に使う空間の特徴となるのは屋上。こちらでは屋内にスペースが広がっているのではなく、むしろ特色のある空間の使い方できるようになっている。こうした2つの性格の異なる空間があるため、用途に使い分けて多様な家の使い方できるだろう。

広々とした空間

灰色の外壁の内部にあるのは広々とした吹き抜け。1階と2階を隔てる天井がないため空間に広がりが感じられる。そんな空間の壁にあるのは巨大なガラス窓。吹き抜けの上まで広がっており、建物内に多くの光をもたらす。また窓には映るのは外に広がる街の景色。ガラス窓は屋内と屋外の境界を曖昧にして、外と中を繋げる。このような暖かな光が降り注ぐ広々とした空間は、家族にとって居心地の良い場所となるだろう。

他とは違う特別な場所

木材が壁に使われている部屋にあるのはリビングルーム。それは1階と2階の間に位置するため、窓からはいつもと違う視点で風景を見ることができる。もちろん屋外から見れば、不思議な場所に窓があり、建物の外観にアクセントを与えることになる。こちらの空間では天井の低い1階があるのだが、それは様々なものを収納する場所として使われる。容量の多い床下収納となるため、ここでは収納に困ることはないだろう。

従来の枠組からの解放

「5人家族の家」の前を通れば、この家が少し変わっていることに気付く。なぜ不思議な場所に窓があるのか。そしてなぜ2軒の家が組み合わされた形をしているか興味を持つはずだろう。なぜならこの家が他とは違うからだ。もちろんそれは外観だけの問題ではない。ここでは2つの空間を生活に合わせて使うことができるようになっている。空間の多様な使い方は多様な生活のあり方を可能にしてくれる。つまり従来の住まいの枠組から解放してくれるのだ。このような他と違う家では、普通の家で送れないような魅力的な生活を送れることになるだろう。

FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!