土地の形を活かした住宅「TI House」

土地の形を活かした住宅「TI House」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

建物を建てる際に多くの問題に直面します。その1つは建物が建つ土地の形でしょう。家を建てるのが普通の敷地ではなく、場合によっては特殊な形の土地に建物を建てなくてはいけないこともあります。このような場合、建築家はどのような家を建てるでしょうか。今回取り上げるのはL字型の土地の上に建つ建物。建築事務所「VuA」はそんな場所に魅力的な建物を実現させました。

局面を描く建物

愛媛県の田園地帯に印象的な建物が建っています。遠くから見えるのは真っ白な外壁。通り側の壁には窓さえなく白い箱のように見えるかもしれません。ですが側面に回ると、全く別の姿を見ることになるでしょう。側面にあるのは曲線を描く壁。なぜなら建物は曲がった独特な形をしているのです。このような外観の建物を建てたのは「VuA」。彼らは建物の設計を依頼した施主の求める住宅を、特別な形で実現させました。

シンプルな外観

「TI.House」と名付けられたこの家は、その形を除けばシンプルなものになっています。白一色で統一された外壁。そこには大きなガラス窓や扉、そして庇などが取り付けられています。建物から飛び出る庇はガラスと白色の鉄骨で作られているため、その存在を感じさせません。このように建物には強く存在を主張するものがなく、その特殊な形が一層際立って見えるでしょう。

居心地の良い内部空間

建物の内部はシンプルで美しいものとなっており、外観から感じられるイメージを覆すかもしれません。リビングルームにあるのは広々とした空間。白色の壁と天井、そして床のフローリングは、白色と茶色の美しいコントラストを見せています。一方片側の壁にあるのは巨大なガラス窓。それは屋内の空間に暖かな日の光をもたらしています。たとえリビングルームの壁が曲線を描いても、ここには居心地の良い空間があるのです。

L字型の土地の上に建つ建物

「TI.House」は、ごく普通の住宅のすぐ隣に建てられています。それは今回建てられた家の実家。つまり、この家は実家に寄り添うように建てられているのです。実家の隣に家を建てることで考えなくていけないのは建物の形でした。なぜなら実家の周りに残された土地に建物を建てなくてはいけなかったからです。そのため新しい建物建つ場所はL字型をしています。そして土地の形に合わせるため、この曲面を持つブーツのような形をした建物が建てられることになったのです。

土地の問題を建物の魅力へと変える

今回の建物について施主が求めたのは、L字型の特殊な形の土地に家を建てること。建築家はそれに応えて、カーブを描く建物を建てています。だが、それは単なる妥協などではありません。なぜなら建物は普通の家にない2つの素晴らしい特徴を獲得しているからです。それは奥行き26メートルの広がりのある空間、そして一際目立つ外観。これらは普通の家では得られないものでしょう。ここでは土地が持つ問題を、建物の魅力へと変えることに成功しているのです。。

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?是非コメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!