唐松: 合同会社永田大建築設計事務所が手掛けたです。

ルーバーを使った味わいのある空間5選!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

ルーバーは透過性と遮蔽性を両方併せ持つ性質があります。圧迫感を与えずに緩やかに視線を遮り、空間に変化を与えるルーバー。外観やパーテーションなど、味わいのある使い方をしている空間5軒をご紹介します!

室内に柔らかな光をもたらすルーバー

外観にルーバーと板張りをあしらい、上品で落ち着いた佇まいを見せるこの家。L字形の敷地の中に、母屋と離れによって構成されています。外壁のルーバーは開口部のある場所に取り付けられ、窓の存在感をソフトに隠し外観の佇まいを崩さずに室内へ柔らかな光をもたらします。リビングは吹き抜けとなっており、高い位置からの温かな光はスリット状となって室内に光のストライプを描き出します。平林繁・環境建築研究所はこの家では室内にも空間をつなぐ役割として効果的にルーバーがあしらい、光を届けながら緩やかに家族をつなぐ仕掛けとして役割を担っています。

光の陰影を操る素材とルーバー

窓の外に豊かな森を望む場所にこの家はあります。合同会社永田大建築設計事務所が最も重視したのは、この外側に見える連続した樹木。そしてその中にひと際目を引く存在の唐松の樹木でした。独特の存在感を放ち、季節によって変化に富んだ表情を見せてくれます。その美しい移ろいを近くに感じられるよう、床は2階のレベルに配置されました。内装には自然素材があしらわれ、表面の質感には光が反射し、味わいのある陰影を生み出しドラマチックな表情になります。天井にあしらわれたルーバーは奥行きを感じさせ、森の見える窓に向かって吸い込まれるような視

夫婦の趣味を楽しめるミニマルな家

住まい手のご夫婦はそれぞれに趣味を持ち、音楽の演奏を気にせずできるようにとJRの効果と公園に面した敷地が選ばれました。住まい手の希望は家としての一体感と流動性。畠中 秀幸 × スタジオ・シンフォニカ有限会社はこの希望を受け、建物の中心にトップライトを配置しました。この光の中心となる場所から居住スペースや生活空間がスキップフロアで流れるように配置されます。仕切りや手すり部分にナチュラルなカラーのルーバーがあしらわれ、中心のトップライトの光が家の隅々まで行き届くようになっています。ルーバーの持つ方向性は光や動線の流れを導くような存在となり、家全体の一体感を損なわずに各空間の存在感を持たせ、それぞれの趣味の空間を存分に楽しめます。

コールテン鋼を生かした二世帯住宅

住まい手のデザイナー夫婦と、主人のご両親との二世帯住宅として建てられた家です。住まい手の主人の父親はコルテン鋼を使った彫刻家であり、親しみのある素材のコルテン鋼を外壁に採用することを石井秀樹建築設計事務所は提案。時間とともに深みを増し、耐候性やメンテナンス性に優れた素材はまだまだ日本では一般的でないながらもこれから注目される存在となるでしょう。内部はダークブラウンカラーの木を使った空間を基調とし、アイアンの黒がアクセントとなって空間を引き締めます。2階の廊下にはルーバーをあしらった廊下を設け、上からの光を遮らずに階下の共有スペースに優しい影を落とします。

住宅に囲まれたスタジオ付き専用住宅

周囲を建物に囲まれ、唯一開けている面が道路側という敷地に建つ住宅です。囲まれている面からは採光を望めず、道路面からはプライバシーの面がどうしても気になります。そこで緒方幸樹建築設計事務所はトップライトとしてのガラスブロックと開口を設け、上からの光を有効的に使えるような仕掛けを設けました。玄関に入ると土間のある空間が広がり、スリットのある板張りと、ルーバーで変化に富んだ空間が広がります。上からは柔らかな光が降り注ぎ、木の温もりある風合いがより引き立つような生き生きとした表情を見せます。木は木目を持つナチュラルな素材ですが、ルーバーは直線のシャープさを加え、スタイリッシュに見せる効果があります。

ルーバーの使い方や空間に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!