homifyが手掛けたキッチン

レトロモダンなキッチン5選!

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

皆さんは、どんなキッチンがお好みですか?もちろん使い勝手が良いのが第一条件ですが、見た目も自分好みだと、料理が楽しくなりますね。今回ご紹介するのは、レトロモダンなキッチンたち。ノスタルジックなのに、どこかワクワクさせるような、新しいのに懐かしい、そんな魅力がたくさん詰まった生活空間。心地よいバランスのレトロモダンなキッチン、早速見ていきましょう。

京町家のキッチン

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間: 一級建築士事務所expoが手掛けた家です。
一級建築士事務所expo

2階のリビング、ダイニング、キッチンの一室空間

一級建築士事務所expo

まずはじめにご紹介するのは、京町家のキッチン。元々和室だった2階はLDKと改装されました。明るい室内は、一見ナチュラルでモダンな印象を受けますが、窓の部分には既存の建具が採用されていたりと、ディテールにこだわりが見られます。ずっしりとした天井の梁も、年代を感じさせますね。新しいのに懐かしいような、ほっとする空間です。フルリノベーションされた町家ですが、極力既存のものを残し、新しいものとの調和を図るという、建築家の意気込みが感じられる住居です。京都の建築家、一級建築士事務所EXPOがリノベーションを手掛けました。

クライアント自ら施工

自然素材を生かした家: ユミラ建築設計室が手掛けたキッチンです。
ユミラ建築設計室

自然素材を生かした家

ユミラ建築設計室

室内の左官仕上げや木材の塗装はクライアント自らが仕上げたとういう、ご家族の思いが詰まるお住まい。ご施主が柿渋材を塗った床は、艶やかで上品な仕上がりです。そしてこちらのキッチンの一角も、まるで雑貨屋さんのようなお洒落なスペースで絵になりますね。味わい深い木目調の食器棚や流しのタイル、壁に掛けられた箒とどこかレトロチックな雰囲気です。

ピクニックができる家

洗練された、モダンな空間でありながら、どこか懐かしさを覚えるのは、木材の温かみのためでしょうか。それともすりガラスの、間仕切りのためかもしれません。余計なものをそぎ落としたような、落ちついた雰囲気が心に響きますね。こちらのキッチンは中庭に向かって開かれており、家の中でピクニックができるそう。大きな木を眺めながら、ほっこりした気持ちでピクニックができる家、とっても素敵ですね!

新築なのに懐かしい

homifyが手掛けたキッチン

使い込まれた木の感触やタイルの壁など、年代を経たものには、新品のものには到底かなわない魅力があります。そんな魅力を新築住宅で実現したのがこちら、「アンティークな新築住宅ラフィルム」。棚を構造する木材や、シンク、それに秤やコーヒーミルといった小物のようなディテールまで、年代を感じさせます。 ロマンチックな雰囲気で、新築にレトロ感を求められる方には特に参考になるお住まいですね。

レトロポップ

ブラジルからはこちらのキッチンをご紹介。明るい日差しの中に、ターコイズの差し色が涼しげです。床のタイルの模様がどこかレトロな印象ですが、ターコイズや赤の色使いは、ポップな印象をも与えます。モダンな換気口が違和感なく治っているのも、バランスのなせる技でしょう。

キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています。

真似したい!海外キッチンインテリア

雰囲気を持った5つのカントリースタイルのキッチン

Ⅱ型キッチンで余裕のある台所!そのメリット・デメリット

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

この記事はいかがでしたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!