府中の住宅: 佐藤重徳建築設計事務所が手掛けたリビングです。

繋がりを持つ家「府中の住宅」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

建築家が自分の家を建てるとしたら、どのようなものになるでしょうか。建築家、佐藤重徳は自らの家を建てる際に、「繋がり」を意識して建物を建てました。それは心地よい空間を生み出すだけでなく、建物の外に広がる世界と繋がるものとなっています。そして同時に心地良い空間を生み出しています。

シンプルな外観

東京の府中市の住宅街に「府中の住宅」は建てられました。建築家が手がけたのはは自分の家族が住む家。そのため建築家の求める家の姿を形にしたと言えるかもしれません。そんな建物の外観はいたってシンプルなものになっています。通りから建物を眺めると、見えるのは建物の前面に取り付けれたベランダ程度。外観について言えば、シンプルにまとめられ、モダンな印象を感じさせるでしょう。

明るく広々とした屋内空間

建物の内部にあるのは広々とした空間。建物の2階にあるリビングルーム、ダイニングルーム、そしてキッチンは壁で隔てられることなく繋がっています。それだけでなく2階と3階の一部は吹き抜けになっており、高さと広さのある開放的な場所となっています。そんな吹き抜けの空間を心地良くするのはガラス窓。通りに面した場所は全てガラス窓になっており、建物の中に暖かな太陽の光をもたらしています。このような光が注ぎ込む広々とした空間なら、気持ち良く時間を過ごすことができるでしょう。

流れを妨げない空間

建物のもう一つの特徴となるのは南と北の繋がりを意識していること。建物の南側と北側にそれぞれが通りがあります。そのため南側と北側に、眺めや、光や風の流れを妨げるものがありません。建物内部もこの流れを妨げないように気が配られています。例えば、南北の窓を開けば、風が建物内を通り抜けます。そして空気が澱むことはなく、常に新鮮な空気を建物にもたらすことになります。また壁で空間がほとんど隔てられていないため、建物の多くの場所で暖かな自然の光を感じることもできるのです。

外との繋がりが感じられる場所

このような建物について、建築家は繋がりを意識して設計したと語っています。今では多くの建物がプライバシーを守るため、そして防犯のため、外との繋がりを弱くなっています。そのため、ここでは外との繋がりを持つことができるようにしているのです。それは通り側に取り付けられた多くのガラス窓に象徴されています。建物内に光をもたらす巨大なガラス窓を通して、庭に植えられた木々や、外に広がる街の様子も見れるようになっているのです。

繋がりが感じられる家

「府中の住宅」では、「繋がり」によって心地良い生活を可能にしてくれます。壁を取り払うことで空間は繋がり、気持ちの良い空間が生まれます。ですが繋がりは家の中に留まることはありません。建物は外の環境とも繋がり、太陽の光をもたらしてくれます。そして外で起きている出来事を感じさせてくれるでしょう。こうして建築家が求める家の姿は「繋がり」によって実現されているのです。

写真撮影:石橋敏弘

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!