ささやかな個性を持ち、強い印象を与える「狛江の住宅」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

他とは違う建物は一体どんなものでしょうか。それは巨大な建物になるでしょうか。それとも他にないような形や構造を持つものになるでしょうか。今回紹介すのは、とてもシンプルな建物。それは巨大なものでなければ、特別な装飾も構造を持つのでもありません。ですが、それは強い印象を与える建物になっています。

シンプルな外観

住宅街の中に目を引く家が見えるでしょう。箱型の建物は白色にまとめられており、外壁の巨大なガラス窓以外に目に付くものはありません。無駄な要素を削ぎ落とした建物では、白い色とその形が際立って見えます。このようなシンプルな建物を設計したのは、「山口誠デザイン」。建てられた建物は非常にシンプルにも関わらず、とても印象的なものになっています。

周囲の風景に馴染む大きさ

周辺には一般的な住宅が建ち並び、住宅街が広がっている。建物そのものは印象的なもので目を引きますが、決して大きいものではありません。建物の高さが低くなっており、小さな平屋の家が建っているように見えます。このような建物の大きさとなったのは周囲の風景と馴染むように考えられたため。建物が持つ存在感は、その大きさなどではなく、その佇まいから感じられるでしょう。

調和を生み出す内部空間

建物の高さが抑えられているため、建物のスペースは1階部分だけでなく地下部分にも広がっています。それほど大きく見えない建物ですが、その内部は実際に狭いわけではありません。こうした内部の空間に感じられるのは外観同様にシンプルさ。床、壁、天井はいずれも白系統の色にまとめられており、色で調和を乱すようなものは見られません。ただし、ここでは色以外のものが強い印象を与えることになります。

柔らかな印象を与える空間

建物の内部には曲線が使われており、柔らかな印象を与える空間が広がっています。普通のシンプルな建物では直線が多用され、どこを見ても同じように見えてしまうかもしれません。そのため単調な空間になることが多いでしょう。ですが、ここでは曲線を描く壁が、建物内に様々な空間を生み出しています。それは、ただの壁でもあるにも関わらず、光の反射や影の具合によって多様な姿を見せてくれます。そしてシンプルな空間に強い魅力を与えているのです。

ささやかな個性を引き立たせるシンプルさ

この建物は他の建物とは全く異なる雰囲気を持っています。ただし、それは何か目立つものだからではありません。建物が巨大なものではなく平屋となっています。目を引くような装飾が取り付けられているわけでもなく外観はシンプルそのもの。そんな目立つ要素の無い建物を際立たせるのは、ささやかな個性なのです。無駄な要素をそぎ落とした建物は、ささやかな個性を引き立たせ、他の建物にはないような強い個性にさせています。こうして感じられる個性は、一度見たら忘れられないような強い印象を与えてくれることでしょう。

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?是非コメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!