開放的にも関わらず、プライバシーを守れる家、「草津の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

都市での生活というと、頭に浮かぶのは密集する住宅でしょう。そこには多くの問題があります。中でもプライバシーの守りづらいことは、その筆頭に挙げられるでしょう。通りから丸見えになるような家では、落ち着いた生活を送ることができません。ですが窓を減らしてしまえば、光や風を感じることができなくなってしまいます。ではプライバシーを守りつつ、開放的な空間を持った家はできないのでしょうか。こうした問題に取り組んだのは建築事務所「ALTS DESIGN OFFICE」。彼らは「草津の家」で、その問題に応えています。

中の様子がわからない建物

住宅地の中に建つ少し変わった家。近くにはマンションが建っており、その駐車場の前に建てられています。建てられた家の大きな特徴となるのは、1階部分を覆うように作られた灰色の壁。そこには窓や装飾など付けられておらず、建物の個性を抑え、シンプルなものにしています。そして外から内部の様子は窺うことができない建物は、少しミステリアスな印象を与えることでしょう。

明るい建物の内部

ところが建物の内部を見ると、外観から想像する印象は吹き飛んでしまいます。内部にあるのは明るく広々とした空間。キッチンやダイニングルーム、そしてリビングルームは壁に隔てられておらず、開放的な空間を生み出しています。また外から窓が見えないにも関わらず、建物内は光で満たされています。なぜならマンション側の壁の裏には小さな中庭があるからです。中庭部分の一部はガラス戸や天窓に囲われた屋内空間になっています。そこへと注ぎ込む光は、広々とした空間を明るくしてくれるのです。

プライバシーを守る外壁

本住宅の前にはマンションの駐車場がある。それは多くの人が頻繁に利用する場所です。そのため建物と駐車場の間に窓を取り付けた場合、建物内部から外の落ち着かない様子が見えてしまい、安らぎを感じることはできないでしょう。またそれは同時に外から中の様子が丸見えになることを意味します。それでは建物内部が行き交う人々の視線に晒されて、プライバシーを守ることができません。こうした問題に応えたのが、駐車場と建物の間に外壁を建てることだったのです。

外部と内部の間の場所、中庭

外壁とは内部と外部を隔てるもの。それはプライバシーを守ることができても、外からもたらされる光や風を遮断してしまいます。ですが、ここ「草津の家」ではそうなることはありません。なぜなら外部と内部の中間となる場所、中庭を設けているからです。それは外部と内部の境界を曖昧にしてくれます。ここでは外部の光や風を屋内にもたらす役割を果たすことになります。そして、プライバシーを守りつつ、同時に開放的な空間を実現させているのです。

都市で快適な生活を送ることができる家

多くの家が密集する都市での生活。その中でプライバシーを守ることは、とても重要でしょう。ですが同時に快適な生活を送るために、開放的な空間を求めるのは無理なのでしょうか。「ALTS  DESIGN OFFICE」は、その問題に取り組み、1つの答えを教えてくれます。彼らが考える、外部と内部を隔てることのない中間部分を設けることは、都市での住まいについて重要なヒントとなるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!