まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。

程よい関係を生み出す「まちかどのある家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

親夫婦と子供夫婦が一緒に暮らす2世帯住宅。そこでは2つの家族が1つの家で快適に住むことが求められます。2世帯住宅は、ただ一緒に住めるだけでなく、こうした要求に応えなくてはいけません。そんな求めに応えたのは建築事務所「SPEAC」。2つ家族に程よい関係を生み出す住宅を実現させました。

中庭のある家

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

鈴なりに家が建つ東京の住宅地に少し変わった家が建てられました。通りから見えるのはベランダや窓が取り付けられた外壁。無駄な装飾がなくシンプルな外観からは、モダンな美しい建物という印象が感じられるでしょう。ですが建物の中庭を見ると驚かされるかもしれません。中庭には他の建物にないような空間が広がっているからです。

街角としての中庭

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

「SPEAC」が手掛けたのは「まちかどがある家」と名付けられた2世帯住宅。その名前のとおり、中庭には街角の雰囲気を感じさせる空間が広がっています。そこにあるのはウッドデッキや小さな庭。そこは囲まれた閉塞的な場所ではなく、光がさしこみ、開かれた空間になっています。建物も同じ高さとはなっておらず、その高さに違いがあるため、幾つかの建物が集まる街の一角のような雰囲気が生み出されています。

開放感のある中庭

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

建物の中庭に面した部分には多くのガラス窓やガラス戸が取り付けられています。そして中庭にあるウッドデッキは建物の床と同じ高さになっています。そのためガラス戸を開ければ、気軽に中庭へと向かうことができるでしょう。こうした空間で感じられるのは屋内と屋外が繋がっているような感覚。もちろん中庭から見れば、ガラス越しに屋内の空間が見えるでしょう。そのため中庭に建てば、壁に覆われた閉塞的な空間ではなく開放的な広がりが感じられるのです。

​2世帯住宅での家族の関係

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

2世帯住宅となると、2つの家族が寄り添って住むことになりますが、そこには程よい関係性が必要となってきます。近すぎることなく、遠すぎることのない関係。同じ敷地に別々の家に住むのでは、どこかよそよそしくなってしまいます。ですが、一軒の家に住み、全て一緒にしてしまうと近すぎるかもしれません。「まちかどがある家」は1つ家に2つの家族が共有空間とそれぞれの空間を設けて住んでいます。そこで心地良い距離感を生み出すのが共有の中庭なのです。それは街角のように開放的な場所であるため、2つの家族が気軽に集まり、おしゃべりすることができるでしょう。

最小限の都市としての家

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

都市での関係性と家の中の関係性は少し似ているかもしれません。多くの人が住む都市では、人と人との距離感が近くなりすぎてしまい、その関係が崩れてしまうことがあります。このような近すぎる距離感を解決するのは公園や街角のような開かれた空間でしょう。そんな開かれた空間は2世帯住宅にとっても重要です。どちらのものでもなくお互いが共有する空間。家の中庭に生まれた街角は、2つの家族にお互いが快適に住むことができる程よい関係をもたらしてくれるのです。

2世帯住宅について何か感じることはありますか?是非意見を書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!