見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

格子のある家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは城址公園の近く、歴史的な建物も残る地域に建てられた住宅です。独特の雰囲気が漂う城下町、誰もが歴史の大きな流れや情緒を感じるその場所に相応しいのは、伝統をなぞった日本家屋でしょうか。しかし現代に生きる我々には、この時代の生活に合ったモダンな機能も必要です。担当したC lab.タカセモトヒデ建築設計によって建てられたのはこんな住宅です。

外観

伝統的なスタイルの格子が印象的な外観です。一階部分のボリュームは黒い外壁、そして深みのある色の格子が落ち着きのある雰囲気を作り出しています。二階部分は白い外壁でコントラストを付け爽やかな印象をプラス、そしてシンプルな切り妻屋根で主張し過ぎず城下町の雰囲気にも自然と馴染む外観となりました。格子は外からの視線を緩やかに遮りつつ、日光は風は通すという古来からの知恵が息づいた機能的なもの。伝統を感じさせると同時に実用性も高い、機能的なアイテムです。格子の幅や木材の種類、色などでがらりと印象が変わるので、モダンスタイルに、北欧風にと住宅のスタイルに合わせることが可能です。

玄関ホール

こちらは土間とつながった玄関ホールです。引き戸の玄関ドアにも格子のデザインが使用されており、内外のつながりを強調しています。また格子は光を通すのでとても明るく広々とした印象となっています。そしてもうひとつの特徴が階段です。手すりには柵の代わりにネットが使用されており、個性的な遊び心を感じさせます。伝統を意識しすぎると形式を重視して堅苦しくなりがちですが、こんな遊び心が住宅に軽さと自由で新しいインスピレーションを与え、空間全体が生き生きとした表情となりました。

旧家のものを再利用

こちらは新築の住宅ですが、ところどころに旧家で使用されていたものを再利用することで家族の歴史や記憶、そしてここで長年暮らしてきたかのような穏やかさや落ち着きを与えています。例えばこちらの玄関土間には、旧家で使用されていた長持を置いて実用的な収納として、そして伝統的な重厚さを感じさせるデザインが特別な装飾としても存在感を放っています。また正面に見える建具も旧家のもの。味わいのある木製建具が新築住宅に豊かな趣を加えていますね。

LDK

こちらは家族が集うLDKです。現しの天井ですが、ナチュラルな色味の梁と天井が控えめでナチュラルな雰囲気を作っています。家具は木材の温かさを感じられるシンプルなデザインものを。ダイニングチェアは布張りのものを選んで、柔らかくほっこりとした居心地の良さを感じさせます。リビングエリアは電球型の照明を梁に設置してモダンに、ダイニングエリアはシャンデリアを設置してフェミニンで可憐な印象をプラスしています。

子供部屋

二階には子供部屋があります。壁に小窓を設置して採光と通気性を高め、また可愛らしいアクセントにもなっています。廊下の壁の一部を収納にして、本棚やギャラリーのように使用しています。子どもの作品や家族の写真を並べても良いですね。床の一部がスノコ状になっており、階下に光を届けます。

新旧の融合、そして遊び心が魅力的な住宅でしたね。ぜひあなたの感想も教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!