homify 360°: 納屋から心地よい住宅へ

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

オランダで既存の建物をリノベーションがするなら、古い農家や納屋がとても好まれる。なぜなら、使われなくなった建物の改装には多くのメリットがあるからだ。建物の基礎は既に建てられている。そこに状況に応じて新しいデザインを付け足すことで、建築費用を抑えることができる。だが建物が新築のものにない特別な魅力を持っていることも忘れてはいけないだろう。今回はそんなリノベーションについて、オランダの小都市ルースデンで行われた建築事務所「Kwint Architekten 」のプロジェクトを紹介することにしたい。

外観

約4000平方メートルの巨大な敷地に建てられているオランダの伝統的な納屋。「Kwint Architekten 」はその建物をモダンな住宅へと改修工事を行っている。かつて納屋に使用されていた建物の外観ほとんど変えられていない。水平に広がる建物は印象的な姿を生み出す。垂直に並べられた黒い木材が外壁となり、シンプルな外観となっている。

構造

Kwint architectenが手掛けた家
Kwint architecten

Zicht op souterrain

Kwint architecten

写真でも見てわかるように、建物が美しい風景に開かれたものにするために、その一部が切り取られるように改装されている。それによって屋内の空間により多くの光をさしこむことになる。また、切り抜かれた箇所にはバルコニーが作られている。こうして夏に快適に過ごすことができる屋外空間が生み出されているのだ。

開かれた空間

建物は南向きに建てられている。建物全体にガラス窓が設けられており、多くの光が内部にさしこむようになっている。シンプルなファサードは、いずれツタによって覆われることになる。こうした壁の緑化は、外観だけでなく断熱性でも効果的に機能するだろう。

キッチン

建物内部には明るく落ち着いた空間が広がってる。こうした効果は高い天井によって生み出されている。キッチンが配置されているのは開かれた空間の中央部分。キッチンには多くの空間があてられており、気軽に調理をすることができる。スペースを上手く活用するために、棚が作られたのはキッチンの壁。また実用的なことに、そこには腰の高さにオーブンが配置されている。

バスルーム

Kwint architectenが手掛けた浴室
Kwint architecten

Badkamer met doorkeuken naar masterbedroom

Kwint architecten

バスルームはインテリアデザインを重視しており、実験的なことは行われてはいない。そんなバスルームに必要不可欠なのは多くの収納スペースを提供する木製の棚。シンクには大きい黒いプレートを取り付け、明るい壁と対照的なコントラストが生み出されている。寝室からは広々としたバスルームに直接向かうことができるようになっている。

リビングルーム

リビングルームでも、古い建物と新しいデザインとの間にコントラストを見つけることができる。滑らかな白と木製の梁は新旧のコントラストを生み出している。またそれだけでなく、モダンで明るい空間と木材は美しく融合している。

新しいものと古いものの繋がり

階段となるのは全て自然素材。木製の階段は宙に浮き、一段一段のシルエットが強調されている。そして階段の下は無駄な空間になることなく、有効活用することができるだろう。また階段や棚などに木材を多く使用することで、以前からある木製の梁と繋がりを持たせ、古い建物と新しいデザインの繋がりを確かなものにしているのだ。

(このアイデアブックは下記のhomifyドイツ語サイトの記事を元に作成されています)

https://www.homify.de/ideenbuecher/10422

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!