世羅の家: 宮崎環境建築設計が手掛けたリビングです。

豊かな自然を楽しむコンパクトな住まい「世羅の家」

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、豊かな自然に囲まれた場所に建つコンパクトな住まい。敷地の緩やかな傾斜を生かしつつ、通風や採光にも十分に配慮した空間構成で、スムーズな動線と、快適な室内環境が実現しました。2階リビングからの美しい眺めは必見です。では早速見て行くことにしましょう。

​自然の中に佇む家

敷地が位置するのは広島県世羅郡。周辺には美しい田園風景の広がる良好な環境に恵まれた土地です。北には谷、南には山があり、四季折々で豊かな表情を楽しむことができます。その眺望の良さを生かした2階リビングはクライアントの要望の一つでもありました。また山と谷の間に位置し、年中風が吹き抜ける土地柄を生かし、2階リビングには南北に窓を取ることで十分な通風を確保しています。

​シックで落ち着いた雰囲気の外観

コンパクトな家づくりの基本であるシンプルな平面形状に勾配屋根の架かる外観には、落ち着いた雰囲気が漂います。屋根は2層構造として雨音を低減し、夏は排熱、冬は暖房負荷軽減が図られています。また夏の強い日射しをなるべく避け、日射角度の低い冬には光が入りやすいよう屋根の角度が調整されています。こちらは玄関アプローチ部分の様子。シックな色でまとめられた外壁に美しい木張りの軒天がアクセントを添えています。

​傾斜地を生かした空間構成

敷地が緩やかな傾斜地にあることを生かし、建築家はフロアを棚田のよう に4つに分ける空間構成を提案しました。一つ目のフロアに寝室、二つ目に玄関、三つめにキッチンとすることで、玄関からキッチンそしてリビングへの動線にあまり高低差が出ないよう配慮されています。普段ここで生活する家族はもちろん、来客のある際にも嬉しい動線計画です。また強風への配慮と上下動線を極力抑えるため、四つ目のフロア下に二つ目、三つめの下が一つ目となるように空間構成され、建物全体の高さが一般の住宅より1mほど低く抑えられています。こちらはLDKのリビングスペースの様子です。キッチンとの間には段差があり、オープンで広がりの感じられる空間にあっても緩やかなゾーニングが成されています。木がふんだんに用いられた温かみのある明るい室内も素敵ですね。

美しい景色を満喫するくつろぎの空間

リビングスペースから北側の美しい景色を望みます。南北に開口が設けられているので、暑い日に南の窓をカーテンで閉ざしても、北の窓から涼しげな水の流れを感じつつ適度な採光を得ることが出来ます。屋根勾配をそのまま生かした高い天井があることで、床レベルが高く設定されているリビングでも圧迫感はなく、むしろ床座に適した落ち着きある雰囲気が生まれています。段差を生かした掘りごたつで家族が団らんを囲み、また来客を招いてゆったりと過ごすくつろぎの空間です。

​使い勝手の良いコンパクトなキッチン

こちらはキッチンの様子。このようなリビングに向かってオープンな構成を取る半独立型のキッチンスペースなら、調理時の手元やキッチン周りの雑多なものをうまく隠しつつ、料理しながらのコミュニケーションも可能です。またキッチンカウンターの奥行を75センチと広く設定することで、幅と作業動線を抑えた全体的にコンパクトな空間が可能となりました。

豊かな自然を楽しむコンパクトな住まい「世羅の家」について何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!