見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

​ボリュームがリズムを作る家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは東京と静岡に拠点を置く空間計画研究所が手掛けた住宅です。クールな印象の外観、その内部にはリズミカルな室内空間が広がっています。さっそく見ていきましょう!

外観

住宅街の一角に建つこちらの住宅。正面外観はコンパクトにまとまっている印象です。クリーンなライン、黒と白のモノトーンによる構成が小気味よくすっきりとした表情を作っています。黒い外壁は時にべったりと重い印象になってしまうこともありますが、前面のボリューム一階部分を駐車スペースに、二階部分に大きな開口部を取ったことで抜け感が生まれ、軽やかさも持ち合わせる外観となりました。ベランダの壁は磨りガラスにすることで、通りからの視線を適度に遮りつつ明るさと抜け感はキープ。ゲスト用の駐車スペースもたっぷり取られているのが嬉しいですね。

側面外観

この住宅、実は側面から見るとまったく違った表情を見せます。コンパクトだった正面とは違い大らかな印象。奥行きのある敷地に合わせこのような変化のある外観となりました。異なる二つのボリュームが組み合わされたこの住宅、室内はどうなっているのでしょうか、さっそく内部へ入ってみましょう。

明るい室内空間

室内はモノトーンのクールな印象だった外観とは反対に、木材がたっぷりと使用された明るく温かみのある空間です。フローリングと天井にナチュラルな質感の明るい色味の木材を使用して、穏やかな自然を感じる空間に。さらに天窓を設置することで木々の間から差す木漏れ日を浴びているかのような心地良さです。壁は白く塗装して光の拡散による空間の広がりを意識して。手前はキッチンです。

​キッチン&ダイニング

キッチン&ダイニングルームは二階に配置されています。シンクのあるアイランド部分はタイルの壁で覆って清潔感のある仕上がりに。キャビネットはペールトーンの柔らかい黄色で、主張しすぎず木材が中心の空間に馴染みつつ、優しい彩りを添えています。天井に設置されたファンは、空間上部に溜まりがちな熱を循環させて夏は涼しく、冬は暖かい室内空間を保つ実用性と、アイキャッチとしての装飾性も高いアイテムです。

求心線

勾配のある屋根が開口部へ向かってまっすぐ伸びる、その求心線に目が引き付けられ自然と視線が外部へと向かいます。伸びやかな視線は空間をさらに広く大きく見せます。太陽の動きに従って異なる光が差し込み、木材、タイル、ガラスの壁に様々な表情を描きます。

連続するボリューム

スキップフロア構成の内部、こちらはキッチンから半階下がったリビングルームからのアングルです。ボリュームが連続してつながり、開口部から見える外部の風景も含めてリズミカルな視界を作り出していることが分かります。また、階段室の壁はガラスにすることで、開放性と空間のつながりを強調しています。木材をメインとした空間にガラスの壁が加わったことでナチュラルなだけではなくモダンな表情もプラスされました。

ボリュームがリズムを作る家いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!