格子で落ち着きと安心感のある住まいに!そのデザインがもたらすメリットとは?

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

格子で落ち着きと安心感のある住まいに!そのデザインがもたらすメリットとは?

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
リビング~038那須Fさんの家: atelier137 ARCHITECTURAL DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

格子状の扉や窓など、古くから日本では細い線材を組み合わせたデザインのものが住まいの至るところに使われてきました。しかし、住宅スタイルやライフスタイルが変化するとともに、そうした繊細なデザインのものは徐々に日本の住まいから見られないようになってきました。そこで今回は、そうした格子が持つデザイン性と機能性が住まいにもたらすメリットについて紹介していきたいと思います。

格子がもたらす落ち着きと安心感

格子が持つその直線的でリズム感のあるデザインは、突飛なデザインとは異なり、見る者に落ち着きと安心感を与えてくれます。こちらの堀内総合計画事務所が手掛けた住まいでは、道路側の外観に木製竪格子を取り入れることで、外からの視線を柔らかく受け止めるとともに、住み手にとっては安心感をもたらしています。また、道路側をこのように格子で柔らかく閉じながら、同時に家の反対側に中庭を設けることで、気持ちのいい開放的な空間もつくり出しています。

外からの視線を柔らかくカット

それぞれの庭の家 縦格子のファサード: 株式会社seki.designが手掛けた家です。
株式会社seki.design

それぞれの庭の家 縦格子のファサード

株式会社seki.design

ブロックなどで壁として敷地の周囲に塀を建てると、完全に外からの視線を遮断して住み手としては非常に安心感がありますが、近隣の人々や通行人にとってはかなり圧迫感のある壁となります。また、一度泥棒にその塀を越えられると、外から姿を完全に隠せることになるので、逆に泥棒から狙われやすい家となってしまいます。そうした点から、柔らかく視線をカットする格子の塀は、防犯面、そして街路に対して圧迫感を感じさせない面においても魅力的な塀の1つです。

写真:A.FUKUZAWA

快適な中庭空間を生み出す

中庭のある開放的な家にしたいという方も多いと思いますが、中庭を設けながら快適な家にするには比較的広い敷地が必要となります。さらに、プランニングもロの字型やコの字型などのパターンに合わせて工夫が必要となります。そんな時に、格子で家を囲むことで中庭を生み出すことも1つの方法です。その格子のデザインが建物に1つのアクセントを与えてくれますし、プランニングにもより幅をもたらしてくれます。さらに、風の透き通る壁ともなるので、心地いい中庭空間としてくれるでしょう。

間仕切りとしての格子

アルミ建具 格子パネル: 株式会社浜国が手掛けた窓&ドアです。
株式会社浜国

アルミ建具 格子パネル

株式会社浜国

広々とした室内にちょっとした間仕切りがほしいといった時にも、格子のデザインは最適です。そのデザインは、余計な圧迫感を感じさませんし、障子のように紙を用いて視線を柔らかく遮ったり、あるいは、こちらの間仕切りのように半分ほどの部分を覆うなどして、自由に視線の遮り方を決めることもできます。また、横にスライドできるようにすれば、いつでも部屋を仕切ったりつなげたりできる便利な間仕切りとなります。

音響調節の役割も

リビングには、オーディオ機材が入りシアタールームに・・・: 遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATESが手掛けたリビングです。
遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATES

リビングには、オーディオ機材が入りシアタールームに・・・

遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH ARCHTECT & ASSOCIATES

格子デザインは、音の反響を調節する役割も果たしてくれます。こちらの遠藤浩建築設計事務所が手掛けた住まいでは、大きなスクリーンのあるリビングの壁や家具に縦格子を用いることで、残響時間の調節を図っています。また、引戸にもそうしたデザインを取り入れることで、引戸さえも壁のように見えて、リビングが連続的なまとまりのある空間に仕上げられています。

柔らかな光を透き通す

視線や風だけでなく、自然光も柔らかく室内に透き通してくれることも1つの大きな魅力です。また、窓の外側に設けることで、夏場の強い日差しを屋外で遮断して、急激な室内の温度上昇も抑えられます。建築家と話し合いながら、是非そうしたデザイン性と機能性を活かした快適な住まいにしみて下さい!

住まいに落ち着きと安心感をうまく取り入れてみて下さい!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!