House in Yoro: AIRHOUSE DESIGN OFFICEが手掛けたリビングです。

倉庫がモダンな住まいに!「養老のリノベーション」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

用途や機能を変えるために、建物を大規模に改修することを「リノベーション」と呼びます。それを通じて使われなくなった建物や時代遅れとなった空間が再生されることになります。こうしたリノベーションで重要なのは、既存の建物の空間や歴史を活かすこと。今回紹介するのは建築家、桐山啓一が手がけたリノベーションです。そこでは既存の空間を活かしながら、建物のイメージを変えることに成功しています。

倉庫の再生

今回リノベーションが行われたのは岐阜県の養老町にある建物。以前は倉庫として使用されていたもので、それを家族用の住宅に変える改修工事が行われました。倉庫は様々なものを収納する場所であるため、人が住むための場所とは少し異なります。そのイメージも決して良いものではないでしょう。ですが工事によって空間は美しく生まれ変わり、住むための空間へと様変わりしました。そのため新しくなった空間を見ると、それが倉庫として使用されていたとは気付かないかもしれません。

広々とした空間

建物の内部に見えるのは広々とした空間。倉庫に使われていたこともあり、内部は区切られておらず、巨大なワンルームのようになっています。屋根裏が無く天井が高いため圧迫感を感じることはないでしょう。そんな空間を活かすために、照明には電球が使われて、視覚的な広がりを妨げることなく、解放感を感じさせます。壁や床など屋内は白色に統一されており、天井の高い空間は、美術館の展示室のように見えるかもしれません。このように倉庫の特徴的な空間は、リノベーションの中で活かされているのです。

トイレ、浴室、寝室

建物内部にあるのは箱型の構造物。そこにはトイレ、浴室、寝室といったプライバシーが必要な空間がまとめられています。その内部の壁や天井に塗られたのは紫や黄緑といったカラフルな色。屋内空間は白色にまとめられているが、一部の部屋に使われたカラフルな色は、時に単調になりがちな白一色の空間にアクセントを与えています。そんなトイレや浴室の上に見えるのは階段や手すり。それらは屋根と箱型の構造物の間にある空間をロフトとして使用できるようにしています。そこは屋内空間全体を見渡す絶好の場所となるでしょう。

食事や調理の発想を変えるテーブル

このような広々とした空間で目立つのは6メートルもある長いテーブル。それは料理好きの家族の要望を形にしたもので、調理用のキッチンの台と、食事をするダイニングテーブルが1つになっています。そのため調理する際にキッチンの手狭さを感じたり、食事の際に皿を並べきれないことは無いでしょう。それどころか様々な料理や可能にし、食事の空間を演出することにもなります。もともと倉庫として使われていた広い空間だからこそ、料理や食事の発想を変えることを可能にしているのです。

新築の建物では生み出せないリノベーションの良さ

リノベーションとは既存の建物の再利用です。でも単なるリサイクルなどではなく建物の再生となります。それは以前の空間を活かすことで、新築の建物では生み出せないような素晴らしい空間が生み出すことができます。そして家以外の用途に使われていたものも、住まいに変えることができるのです。

リノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!