外観: 森裕建築設計事務所 / Mori Architect Officeが手掛けた家です。

端正なフォルムが青い海と空に映える家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

雄大な海を望む沖縄の地に建てられた白亜の住宅を紹介します。台風や塩害など自然環境による負荷を考慮しつつ見事なまでに造形美を極めた住宅は、広々とした敷地と青い海や空を背景にひと際目立つ佇まいを見せています。森裕建築設計事務所が手がけたコンクリート造の瀟洒な住宅、中は一体どうなっているのでしょうか?

台風時の強風対策でしょうか、傾斜をつけた壁と屋根が一体となった構造が独特なフォルムを形成しています。コンクリートの片持ち梁の階段と回廊、そしてミニマルな開口が 真っ白で簡潔な外観のアクセントになっています。

まるで展望台のように海に向って突き出した独特な形態のテラス空間からは、どこまでも続く海の景色を堪能することができます。内部は直接このテラスにアクセスできる贅沢な水廻り空間を配置しています。回廊部分は深い庇が玄関ポーチと連続して設けられており、強い日差しや強風雨を避けながら、眺めを享受する心地良いテラス空間としても使えそうですね。

家の内部を見てましょう。海に面してリビングとダイニングそしてキッチンを配置しています。全て白で統一し緊張感を持った非日常的な空間と言った印象を受けますが、たとえ日常生活をコントロールされたとしてもむしろそれに甘心するくらい の端麗さを醸し出していると思いませんか?全ての空間要素がお互いに融け合うような室内に入り込んでくる風景は主に自然の非常に限られた色調のみで、直線で構成されるミニマルな世界を形成しています。

天井は屋根の形状がそのまま反映された傾斜をもったもので、開放性と安定感をあもたらしてくれます。くり抜いたように設けられた開口からは移ろいゆく借景を取り込み、様々な層を重ねた一つの空間は光と影によって異なる表情が作り出されます。

上階からキッチンエリアを見たところです。外部の庇が内部まで入り込んで、それらの領域を曖昧にし同時に連続性をもたらしつつ、その庇と大屋根の間に生まれたギャップが海の風景を切取り、それぞれの建築エレメントに浮遊感をもたせた構図を作り出しています。一般住宅とは思えないくらいスタイリッシュで絵になる空間ですね。

上階はオープンなレイアウトによって1階のLDKと繫がりをもたせ、用途も多様に考えられそうですね。腰壁一面に白でコーディネートした収納家具を造作することで機能性を向上させながらミニマルな空間を構成しています。屋根や壁の傾斜が空間に広がりや収縮をもたらし、シンプルな構成なのに変化に富んだ空間体験と視線を作ってくれます。

前述の海に向って設けられたテラスに続く白で統一されたミニマルな浴室からは素晴らしい景色が望め、この上ない至極のバスタイムを過ごせそうですね。 十分な広さのオバール型の置きバス、洗面室からバリアフリーのタイル敷きの床など快適性とお洒落度がかなり高い浴室、是非参考にしたいですね。

周囲が自然に囲まれた開けた敷地なら、建物の配置は是非眺めの良い位置に決定したいですよね。しかしまっさらな土地で眺めを想像するのはなかなか難しいことです。そんな時は是非豊富な経験と感性を持ち合わせた建築家に相談してみてはいかがでしょうか?

海の側に建つ近未来的で完璧なプロポーションと形態を持つ白亜の住宅について皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!