添い屋根の家 デッキ: フォーレストデザイン一級建築士事務所が手掛けたです。

広いデッキテラスでリラックス!家族がつながる角地の住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、ユニークなフォルムをした角地に建つ家族の住まいです。広々としたデッキテラスを設け、室内と屋外がゆるやかにつながる空間があることで、家族がお互いの気配を感じたりコミュニケーションがたくさん生まれるような心地いい住空間となっています。この住まいを手掛けたのは、京都を拠点に活動するフォーレストデザイン一級建築士事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

角地に建つシックな住まいの外観

ダークトーンでまとめられ、落ち着いた雰囲気をしている住まいの外観です。こちらは、道路に面した玄関側の様子ですが、玄関脇には広々としたガレージも設けられています。区画された住宅地に建つこの家。敷地は角地となっており、住宅が隣接することによる圧迫感等はそれほど心配ないのですが、住まいの多くの部分が道路に面しているという状況です。その結果、プライバシーの確保や心地よい住空間と共に、街の景観のバランスなどがよく考えられて作られた家族の住まいとなっています。

ユニークなフォルムの家

こちらは庭のある側から見た住まいの外観です。建物は、建築家のアイデアによっていくつもの大きさや形の異なる空間が寄り添うかのように組み合わされ、ユニークなフォルムをしています。それによって日当りや風の通り道、そして家族のつながりなどを生み出す快適な住空間が実現できることとなりました。敷地を囲う塀もそれほど高さを出さないことで閉鎖的な雰囲気を避け外部とゆるやかなつながりを持ち、庭のシンボルツリーが道行く人にも楽しめるようになっています。

ナチュラルで優しい雰囲気のリビング

こちらは1階のLDK、リビングスペースの様子です。壁の2面に大きな開口設け、外からの気持ちいい風と自然光が入り込んでくるので、まるで屋外にいるかのような心地良さを感じることが出来ます。また、シンプルナチュラルなスタイルでまとめられた空間は、ホッとするような優しい雰囲気にあふれています。1日の長い時間をゆったりとこのリビングで家族が一緒に過ごすのに適しています。

庭まで見渡せるダイニング

こちらはLDKのダイニングキッチンからリビング方向を見た様子です。白を基調とした空間にナチュラルにまとめられたインテリアは居心地が抜群。キッチンに立って作業をしたりダイニングで食事をしている時も、リビングの様子が見渡せると同時に、庭や外の風景ものぞむことが出来ます。リビングに面する大きな開口から差し込む光が、このダイニングキッチンにも十分な明るさとなって届けられるので安心。ダイニング脇に設けられたシンプルでオープンな作りの階段は、広々としたLDK空間の邪魔をすることなく存在しており、1階の気配を2階へと届けます。

シンプルなでモダンな和室

こちらは和室の様子。デッキテラスを通じてリビングとつながっているのが特徴です。シンプルでモダンなスタイルの和室となっていますが、家に畳の部屋があるのとないのとでは住み心地が格段に違ってきます。静かな時間を過ごしたい時、ゴロリと横になりたい時、または客間としてなど、様々に使用できるので便利です。部屋からは、庭に植えられたシンボルツリーの眺めも楽しめるので、この空間にいるだけで心が癒されそうですね。

広々としたデッキテラス

リビングと和室をつなぐように設けられたデッキテラス。こんなに広々としているのであれば、住まいにもう一部屋作ってもいいように思えますが、ここはあえて屋外スペースとしています。リビングでくつろぐだけでなく、天気のいい日はぜひこのテラスで空を感じながら、のんびり過ごすと気持ちが良さそうです。このデッキテラスは、リビングに続くもう一つのリラックススペースとして、家族の暮らしをより一層豊かにしてくれる存在となっていることでしょう。

広いデッキテラスのある家族の住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!