MOON

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅に住むことは、どのような感覚を与えてくれるだろうか。建築家、阿曽芙実が提案するのは特別な体験だ。通常では、住宅の空間というと「住む」ことばかりに気を取られてしまう。だが「MOON」では住宅の中で別の体験もできることを気付かせてくれるだろう。

住宅街の間に建つ個性的な住宅

大阪の堺市の閑静な住宅街に阿曽芙実による住宅「MOON」は建てられている。建物が建てられているのは一般的な2階建て家屋の間。白一色に統一された外壁の色。そして箱型の構造を中心に構成されている外観。ごく普通の住宅街の中ではその個性は際立ち、人々は建物の前で足をとめるに違いない。

色のコントラストによって生まれる印象的な空間

住宅の特徴に挙げられるのは色。壁は白色にまとめられている。一方で視線を上に移せば、梁や天井に使用される木材が見える。素材そのままの色を見せる木材は、白系統の色で統一された他の部分と対照的なものとなっている。白色での統一は時に空間を単調なものにしてしまうが、ここでは色のコントラストによって印象的な空間を生み出している。

日常と日常の間、非日常としての通路

建物内部の通路も本住宅の重要な特徴と言える。通常、通路は単純に通り抜けるための空間となってしまう。だがここでは部屋と部屋との間にある、つまり日常と日常の間にある空間として設計されている。本住宅にある通路の特徴的な壁の形はシンボリックな空間を生み出す。そして通路を使う際に非日常的な体験をもたらしてくれることだろう。

間としての住宅

「MOON」が生み出すのは何かの間にあるもの。それは一般的な住宅の「間」にある個性的な住宅である。また色と色の「間」にある印象的な空間を持ち、そして日常と日常との「間」にある非日常を体験できる空間を提供してくれる。こうした「間」の体験は、本住宅での生活を魅力的なものにしてくれるに違いない。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!