見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

広がりを倍増させる「舟橋の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

住宅は人が住み、そこで日々の暮らしを送る場所です。そこに住むのは単身者の場合もあれば、夫婦や家族の場合もあるでしょう。そこで紹介したいのは、建築家、秦野浩司が手がけた家族のための家。こちらの家では施主が求める家族が居心地よく暮らせる空間を実現させました。

自然を取り込む

「舟橋の家」が建てられたのは千葉県の住宅街。木造2階建ての建物は各階に巨大なガラス窓が取り付けられており、ガラス越しに屋外の風景を見れるようになっています。建物は林に面しているため、室内から見えるのは木々の緑。巨大な窓はまるで自然の中にいるようなを印象を与えてくれるでしょう。

光あふれるリビングルーム

巨大なガラス窓は室内に多くの日の光をもたらしてくれます。そんな窓の近くに配置されたのはリビングルーム。そこでは室内に差し込む日光を楽しむことができる場所になっています。室内にさしこむ光、そして窓全体に写る自然は屋外と屋内の境界を曖昧なものにしてくれます。そのためガラス窓は屋内と屋外の繋がりを生み出すと言えるでしょう。

吹き抜けによる繋がり

光溢れ、自然を感じることができるリビングルームは居心地の良い空間となります。そんな空間には自然と家族が集まることでしょう。ですが、それだけではなく「舟橋の家」には家族が自然と集まれる理由があります。それは建物内の各部屋の繋がり。例えば、リビングルームは吹き抜けとなっており、天井で断ち切られることなく1階と2階の繋がりを生み出しています。

一体となる空間

リビングルームの奥にはダイニングが配置されており、さらにその奥に母親用の部屋があります。ダイニングと母親用の部屋は引き戸で仕切られていますが、それを収納すると、リビングルームから母親用の部屋まで繋がることになります。こうして屋外と屋内だけでなく室内の各部屋も繋げられ、家を一つ空間のように感じることができるのです。

繋がりがもたらす家族のための家

「舟橋の家」では屋内と屋外に繋がりよって、光溢れる居心地の良い空間が生み出されています。同時に屋内の各部屋は隔てられることなく繋がりを持ちます。そのため家にいれば、家族の気配を常に感じることができるでしょう。このように「繋がり」を意識した家は、家族で心地よく家に住むことを可能にしているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか。ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!