見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

小金井の家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

小さな空間と快適な生活は両立するだろうか?もちろん空間を有効活用することは可能かもしれない。だが心地よい暮らしを送ることは簡単ではないだろう。そんな問題に答えるのが建築家、石井秀樹による「小金井の家」。小さくも美しい住宅は都市での快適な生活を可能にしてくれるだろう。

狭い土地に建つ家

「小金井の家」はその名の通り、東京都の小金井市にある住宅だ。その大きな特徴となっているのは建物が建つ土地。奥行きは11.5メートルだが、間口は僅か4メートルしかない。しかも実際に使用できるのはさらに限られている。だが、そんな土地に建つ建物から圧迫感を感じることはないだろう。

開放的な空間

非常に狭い土地であるため建物は縦長なものとなっている。こうした縦長の建物は、各階を隔てる天井によって空間が分断されることが多い。だが「小金井の家」では、建物の中心にある吹き抜けが繋がりをもたらす。また天井によって生じる圧迫感を取り払い、開放的な空間を生み出している。

都市の中の自然、中庭

日の光のとどかない家、風の吹きこまない家。住宅が密集する都市では、自然の安らぎを感じることは簡単ではない。本住宅も同じような問題に直面している。だが吹き抜けはこうした住宅にも自然を感じさせてくれる。天窓からの光や風は建物全体に行きわたる。建物内にいても、吹き抜けによって光や風を感じて、まるで屋外にいるような印象を感じるだろう。

ミニマル、マキシマム

僅か14坪しかない土地。通りから見ると窓さえない壁。そして白色に統一された外観。こうした要素を考えると、そこでの生活はシンプルで禁欲的なものを想像するかもしれない。だが本住宅は吹き抜けによって繋がりや広がりを感じ、そして風や光によって自然を感じることができるのだ。ミニマルな印象を与える「小金井の住宅」は、マキシマムな都市での生活を与えてくれるに違いない。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!