キッチン周りをびしっと片付ける方法

Nami Sasaki Nami Sasaki
Loading admin actions …

キッチン周りの収納にお困りの方、いませんか。細々とした調味料も食器も年々増える一方で、なにかと雑然としがち。いつもキッチンを美しく保っておくのは、なかなか大変ですよね。でも、毎日長い時間を過ごす場所だからこそ、綺麗にしておきたいところ。今回はそんなキッチンのお悩みを解決する、優秀な収納方法をご紹介します。これで、きっともう急な来客にもあたふたせずに済みますよ!

使い勝手よし。見た目までよし。

Estúdio 102が手掛けたキッチン
Estúdio 102

Bar Gourmet

Estúdio 102

まずご紹介するのは、ポップなインテリアが楽しいこちらのキッチン。マグネット式のバーのおかげで、ナイフも調味料も、片付けやすく、取り出しやすく。使い勝手の良さも追求しました。また、箱を壁に取り付けるというのは新しいアイディアですね。普通の状態では、いっしょくたに箱の中に放り込まれていたものも、箱の向きを変えて取り付けることによって、上の面と箱の中と、二種類に置き場を分けることが出来ます。料理を作ることが楽しく、またラクにもなりそうなキッチンです。

とことん見せる収納

真っ赤な色がポイントのこちらのキッチン。食器棚は「見せる」ことを前提とした作りになっています。食器を買ったのがが先だったのか、キッチンが先だったのか、どちらにせよ、棚の赤色に緑色の器がよく映えますね。どんなものでも、色を決めて買い揃えるのは勇気のいることかもしれませんが、見せる収納を確実に成功させるコツです。その際に、棚の色まで考慮できたら、見せる収納の達人です。

ワインを美しく収納

ワインは普通に並べてるだけでも十分お洒落ですが、こんなワイン収納があれば、一気にキッチンの雰囲気を変えることが出来ます。せっかくのこだわりのワイン、戸棚やワインケラーの奥底に隠してしまわないで、インテリアの一部に昇華させましょう。リビングに向けて設置することで、ゲストに選んでもらうという楽しみも生まれます。

全て隠して

調味料が気持ちよいほどぴっちりと並べられたこちらの収納棚。このような両開きの扉は、一目でどこに何があるかわかって、使いやすいですね。様々な調味料の高さに合わせて、棚の高さも変化がつけられています。また、こちらの棚は電子レンジも収納できるのがポイント。電子レンジが見えないだけで、ずいぶん生活感をなくすことが出来ます。来客時にも慌てずに済みますね。

食器を守る

大容量のこちらの食器棚。幾重にも入ったスリットがお皿を丁寧に収めます。お皿同士でカチャカチャと傷つけ合う心配もなく、長い間愛用できますね。重ならない収納なので、使いたいお皿をすぐに取り出せるのもポイントです。

テーマカラーで揃えて

大胆なオレンジレッドが印象的なこちらのキッチン。調理器具とキッチンテーブルの色味が見事に揃えられています。調理器具を吊るす収納は、よくお洒落なキッチンでよく見かけますが、下手をすると、ごちゃごちゃと雑多になる可能性も。こちらのようにキッチン全体でひとつテーマカラーを決めて、調理器具を思い切ってその色で買いそろえてしまうと、失敗することなくお洒落なキッチンが出来上がりますよ。

家族共同炊事計画

すっくと立った柱がシンボリックなこちらのキッチン。柱が棚を支えることで、キャンチレバーのようなデザインも可能となりました。ワイングラスの収納の仕方も、お店のようでお洒落ですよね。また、こちらの棚はダイニングとキッチンの双方向から出し入れが可能になっていて、さらに炊飯器置き場や食器棚はダイニング側と、家族が食事作りに自然に参加出来る環境が整っています。

からくりキッチンシェルフ

インパクト大なこちらのキッチンシェルフ。たくさんの抽斗に、野菜用の冷暗所。マグネットの力で空中に収納できる調味料に、卵の置き場所まで… 。まるでからくり箱のようですね。取り付けのキッチン棚の収納力にご不満の方は、新たにこちらの棚を取り入れてみてはいかがでしょう。一気に問題解決です。

第二のキッチン

キッチンにパントリー(食料品貯蔵庫)を設けることを検討してみませんか?日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米では一般的な食料品の収納スタイルです。まとめて食料品をストックでき、キッチンには調理器具などの最小限の物を置くだけで済みます。こちらのパントリーは、パパママハウス株式会社が手がけた住宅のもので、白と黒のポップなボーダー模様が印象的ですね。内部はポップな赤を選択しました。パントリーは、第二のキッチンとして活躍すること、間違いなしです。

換気扇も収納

オリジナルダイニングキッチン: MA設計室が手掛けたキッチンです。
MA設計室

オリジナルダイニングキッチン

MA設計室

名古屋を中心に活躍するMA設計室が手がけたこちらのキッチン。ここで参考にしたいのが、換気扇。キッチンに必要不可欠なものとはいえ、いつでも美しく保っておくのは至難の業ですよね。このように見苦しい換気扇も隠してしまうことで、すっきりとした清潔感のある印象を与えることができます。徹底的に統一された食器棚の黒がキリリとしまる、モダンなデザインです。

いかがでしたか?片付けやすい環境が整っているキッチンなら、自然と綺麗に保つ習慣も付きそうですね。コメント、お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!