中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けたリビングです。

木の家で明るさとナチュラルな雰囲気を満喫!

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近ではマンションなどのコンクリートの建物が増えてきていますが、まだまだ多くの木造住宅が建てられています。ですが木造住宅と言っても、その素材を活かした家は少ないでしょう。木の素材は壁や天井によって隠されてしまい、素材が持つ暖かみを感じることは簡単ではありません。そこで紹介したいのは、木が持つ風合いをたっぷりと楽しむことができる住まいです。そこには木の素材感だけではなく、心地の良い空間が生み出されています。

高台に建つ家

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けた家です。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

今回紹介する家を手がけたのはSHU建築設計事務所。本住宅は三重県の高台にある敷地に建てられてました。その周りには他の家も建てられていますが、周辺には多くの自然が残されています。また敷地が高台にあることもあり、市街地を見下ろすような素晴らしいロケーションとなっています。そこで、こうした周りの自然を活かした家が建てられることになりました。

ナチュラルな印象を与える外観

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けた家です。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

建てられたのは木造2階建ての住宅。それは高台の端に建てられており、森の木々が迫っています。遠くから建物を眺めると2棟の建物のように見えるかもしれません。というのも2階建ての部分と平屋建ての部分があり、それが組み合わさっているからです。そんな建物の外観で目に付くのは木で作られた部分。建物の2階部分にあるバルコニー、そして建物を囲む外壁は、明るい木の色を見せて、ナチュラルな印象を生み出しています。

木に覆われるような空間

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けたリビングです。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

外観から感じられる通り、本住宅には多くの木の素材を使っています。例えば、1階に広がるキッチン、ダイニング、リビング(LDK)では至る所で茶色を見ることになります。床に広がるフローリングや建物を支える柱、また天井などは全て木材で造られ、他の素材に覆われたり、隠されたりすることはありません。ここでは家の中に入れば、必ず木の素材を目にするのです。そのため木に覆われているように感じられるでしょう。

中庭に広がるウッドデッキ

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けたベランダです。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

こうした住まいで強い印象を与えるのは木の素材だけではありません。本住宅には建物でコの字に囲まれた中庭があります。そこは外から覗かれるのことのないプライベートな空間となります。そんな場所に広がるのは木で造られたデッキ。そこでは外からの視線を気にすることなく、太陽の光や外の風にあたることができます。また天気が良ければ、デッキと家の間にあるガラス戸を開放して、2つの空間を一体化することができます。そして圧倒的な開放感や外に広がる自然を感じることもできるでしょう。

明るく自然を身近に感じられる家

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けたベランダです。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

ここで中庭が果たすのは開放感や自然を身近に感じることだけではありません。中庭は全てを建物に囲まれているわけではありません。そのため中庭に太陽の光が射し込みます。こうした中庭に射し込む光を取り込むために、中庭の周りはガラス窓やガラス戸が多く設けられています。そして家の中に光を取り込み、木に包まれた空間を明るく照らし出すのです。そのため、本住宅では自然を身近に感じるだけでなく、明るい住まいの中で心地良い暮らしが送れるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!