模様替えを成功させる6つのアイデア!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

リビングルームの模様替え&改修をお考えの皆さん、気温も徐々に下がり始め、真夏の蒸し暑さも無くなった今がチャンスですよ!大きな家具を移動させても汗だくにならず、湿度が低いのでペンキや接着剤も早く乾きます。そして模様替えが終わったら、爽やかな秋の風に吹かれながら一杯… なんてどうでしょうか?

1、買い物の前に計画

リビングルームの改修を決意した時は買い物に行く前に、作りたいスタイルやレイアウトをよく考え計画を立てておきます。材料、色、照明、テキスタイル、アクセサリーなどあなたが一番好きなものは何か、ピックアップしておくと良いでしょう 。 こちらの部屋はひとつの大きなオープンスペースながら、インテリアによってそれぞれに独立した機能を持たせました。

2、特別な壁紙で雰囲気を一変

Tres Tintas Barcelonaが手掛けた壁&床
Tres Tintas Barcelona

Lhasa mural wallpaper

Tres Tintas Barcelona

こちらはバルセロナの壁紙デザイン会社Tres Tintas Barcelonaによる絵画の様に美しい壁紙です。古代モチーフとチベットの緑豊かな庭園が組み合わされたデザインで、独特の存在感と美しさを醸し出しています。この場合壁紙が主役となるので、家具はニュートラルなデザインと色のものを選ぶとバランス良く、エレガントな空間を作ることができます

3、スカンジナビアスタイルには差し色を

Chicplaceが手掛けたリビングルーム
Chicplace

Consejos

Chicplace

あなたがスカンジナビアスタイルを選択した場合、リビングルームにエネルギーを与えるため少しだけ色をプラスしてみて下さい。 例えば白いソファを購入したとき、品の良い明るさを足したいな、と思ったらパステルカラーなどの明るく優しい色をクッションなどに使用します。あまりにも派手な色は避けて下さいね。濃紺やサンドカラーなども、スカンジナビアスタイルが持つ優雅さと静けさを損なうことなく、明るい雰囲気を足すことができます。

4、照明は戦略的に

Ociohogarが手掛けた家庭用品
Ociohogar

Lámpara de mesa Vega

Ociohogar

照明は我々が考えるよりはるかに重要な要素です。照明の光ひとつで部屋の雰囲気をがらりと変えることが可能なのですから。こちらの部屋では、空間全体を照らす照明は使用せずに、デスクランプを二つポイント的に使用しています。黒を中心としたクールで男前なインテリアですが、ソファやラグ、柔らかいファブリックを温かみのある暖色系の照明で照らすことで、居心地の良い空間を演出しています。

5、時には大胆な色使い

Gamamobel Spainが手掛けたリビングルーム

こちらはスペインのGAMAMOBELがデザインしたブルーサルサソファ。私たちの多くはソファを選ぶ際にグレーや黒など暗いの色合いを選びがちですが、思い切ってこんな明るいブルーのソファを選んでみたら… 部屋が見違えるようにフレッシュに生き返ったようです!真紅やライムグリーンなどはメインに使うにはハードルが高いかもしれませんが、こんな爽やかなブルーなら使ってみたくなりますね。

6、アートを飾る

コンテンポラリーで機能的な雰囲気を作りたかったというアパートのオーナー、リビングルームに大きなアートを設置しました。右側のモノクロの写真作品に合わせてソファをグレーに、左側の絵画の色調から抜き出した暖色をクッションに使用して、それぞれ個性的なパワーを感じさせるふたつのアートをひとつの部屋に設置しながらも、まとまりのある空間が完成しました。

今度はどんなスタイルに模様替えしますか?ぜひあなたの感想を書いて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!