house in saitama: 株式会社廣田悟建築設計事務所が手掛けた家です。

すっきりとした街並みを生み出す家

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは住宅地の住まい。住宅地となると、様々な問題があります。多くの家がひしめき合うため、時には圧迫感を感じさせることもあるでしょう。そんな圧迫感は個人の家だけでなく、周辺の風景にも影響を与えてしまい、街並みを乱すことにもなります。そこで紹介したいのは、街並みを乱すことのない家。それはシンプルな建物の中に、美しい内部空間を生み出しています。

住宅地に建つ家

本住宅を手がけたのは廣田悟建築設計事務所。家は埼玉県の住宅地に建てられました。敷地があるのは多くの家が建ち並ぶ住宅地の一角。多くの家は、その敷地を覆うように建てられており、家と家との間はごく僅かしかありません。また場所によっては圧迫感さえ感じられます。そこで本住宅は、ゆとりをもった住まいとなるように考えられたのです。

シンプルにまとめられた外観

建てられたのは木造2階建ての家。その外観は住宅地の中では目を引くでしょう。家の形はシンプルで山形の屋根、切妻屋根が特徴となっています。そんな家の外壁に取り入れられたのは下見張り。それは板を横に重ねて印象的な外観を生み出しています。また外壁全体は白色にまとめられているため感じられるのは明るい印象。白一色の建物は、シンプルにまとめられたデザインによって、強い印象を生み出すのです。

空間の余裕が生み出す心地良さ

こうした目を引く本住宅ですが、住宅地に建てられるということで、周りの街並みを考えた作りになっています。その一つが軒高の高さを抑えたこと。軒高とは簡単に言うと地上から屋根が始まるところまでの高さですが、それを抑えることで建物が威圧感を生み出さないようにしています。また家は敷地いっぱいに広がっているのではなく、敢えて余裕を持たせて建てられています。そして敷地内に生まれた空き空間によって、採光や風通しを得ています。こうして周辺の景観を守りつつ、心地良い空間を作りだしているのです。

空間の繋がりを生み出すオープンスタイルのキッチン

心地良い空間ですが、それは家の外部だけではありません。家の中にはモダンで気持ちの良い空間が生み出されています。その1つが開放的な印象を与えるオープンスタイルのキッチン。それはキッチンを小さな空間で区切るのではなく、カウンターを使ってリビングやダイニングとの繋がりを生み出しています。そして食事を料理する、それを食べる場所を心地良い空間に演出するのです。

縦の広がりを生み出す吹き抜け

このような家でもう1つ忘れていけないのは、吹き抜けの存在。一部では屋根裏部分が無く天井が高くなっています。そして空間の高さを感じられるのです。そのため、ここでは横だけでなく、縦にも広がりを感じることができます。また吹き抜けの最上部には天窓があるため、暖かな太陽の光が家の中に射し込み、心地良い空間が生み出されるのです。このように、本住宅では家の内外に気持ちの良い空間を生み出して、住宅街にあっても心地良い暮らしができる住まいとなっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!