ハマノイエ: 関建築設計室 / SEKI ARCHITECTURE & DESIGN ROOMが手掛けたビーチハウス・クルーザーです。

港の風景を取り込むモダンな住まい

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

家は様々な場所に建てられます。それは多くの家が建ち並ぶ住宅地が多いかもしれません。ですが、郊外などの自然が身近に感じられる場所にも建てられるのです。今回紹介する家が建てられたのは、そんな自然が身近に感じられる場所。その敷地があるのは目の前に海が広がる土地。もちろん建てられた家は立地を活かしたものとなっています。それでは家がどのようなものになったのか、早速見てみることにしましょう。

松島湾のたもとに建てられた家

今回紹介する家を手がけたのは関建築設計室。本住宅は宮城県七ヶ浜町に建てられました。敷地があるのは自然を目いっぱい感じられる場所です。家の前に見えるのは大きな海原。敷地の目の前には松島湾が広がり、家の前にまで海が迫っています。そのため、ここでは海を常に身近に感じることができます。そして、こうした特別な立地を活かした住宅が考えられたのです。

シンプルにまとめられた家

建てられたのは木造2階建ての住宅。それはシンプルな形をしており、それは海に向き合うように広がった形になっています。外壁は白色にまとめられて、一層シンプルな形を強調します。このような建物で大きな特徴となるのは木のデッキ。それは海側に降りられる階段が取り付けられており、海を一層近くに感じられるようになっています。

明るさを感じさせる室内空間

家の中に広がるのは白を基調にしたシンプルな空間。壁や天井は白色にまとめられており、明るさを感じさせます。床は木のフローリングになっており、白にまとめられた空間にアクセントと加え、暖かみを生み出しています。こうした空間には外からの光が射し込み、一層明るく感じられるでしょう。

広がりを感じさせるスキップフロア

このような本住宅で大きな特徴となるのは、スキップフロアと呼ばれる空間です。通常では複数階の建物は階で区切られることになります。ですが、スキップフロアは、小さなフロアを短い階段で繋ぎます。そのた各階が隔てられることなく繋がりを生み出すのです。そのため、ここでは空間の繋がりが広がりを感じさせることでしょう。

雄大な港の風景を取り込む

ここで忘れていけないのは、家の各所に設けられた窓の存在。それは、外からの光を取り込むことで家の中を一層明るくします。また、それだけでなく家の前に広がる松島湾の風景を家の中に取り込むのです。このような窓のため家の中にいても、まるで港の脇に立っているような感覚を感じさせてくれるでしょう。

開放的な空間となるウッドデッキ

何より素晴らしいのは海側に設けられたウッドデッキ。それはリビング、ダイニング、キッチン(LDK)の部屋の横に設けられており、気軽に外に出られるようになっています。天気が良ければ、 LDKの窓を開放してウッドデッキと一体化することができます。そうすればウッドデッキはリビングの一部のように使うことができるでしょう。そして潮風を感じながら港の風景を眺めて、食事や家族の団らんを楽しむことができるのです。このような家であれば、海の近くのロケーションを思う存分楽しむことができるでしょう。

港の風景を楽しめる家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!