絆の家: プラソ建築設計事務所が手掛けたテラス・ベランダです。

開放感を生み出すコンクリートの家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家の中に心地良い空間があれば、生活は大きく変わるでしょう。多くの家で考えられるのは快適な空間作り。ですが、それは家の中だけの問題ではありません。どれだけ快適な空間であっても、四方を壁に囲まれたような空間であれば、閉塞感を感じてしまいます。そして、家のでの暮らしを楽しめなくなってしまうでしょう。そこで紹介したいのは、外との繋がりを感じられ開放感を感じられる住まいです。

モダンなコンクリートの建物

今回紹介する家はプラソ建築設計事務所に手がけられました。家が建てられたのは住宅地の一角。その外観は、普通の家が建ち並ぶ住宅地では少し目立つかもしれません。コンクリート造りの建物は2階建てとなっており、箱型の形をしています。打放しコンクリートの外壁は明るい灰色で、建物のシンプルなフォルムを一層強調します。そのため本住宅を見た人はシンプルさを強く印象付けられるでしょう。

飽きを感じさせない特徴的な空間

家の中に広がるのは印象的な空間。リビング、ダイニング、キッチンは壁で隔てられることなく1つの部屋になっています。そのため壁の存在感を感じることなく広がりを感じられるでしょう。空間を仕切らずに繋げると、場合によっては単調な空間になることもあります。ですが、本住宅では空間の単調さを感じることはありません。リビングとダイニングの間には壁はありませんが、僅かな段差があり、高低差が生まれています。そのため変化が生まれて、空間に飽きさせないのです。

ナチュラルな雰囲気を感じさせる木の素材

リビングで感じられるのはナチュラルな雰囲気。それを感じさせるのは多く使われている木材です。床を覆うのは茶色の木のフローリング。そればかりでなく壁の一面が木材で覆われています。そのため、ここでは足元だけでなく横にも茶色の木材が顔を見せ、強く木の存在感を感じさせるでしょう。もちろん、それは木材が持つナチュラルで暖かな印象を感じさせてくれます。そのためリビングでは落ち着いた雰囲気を楽しむことができるのです。

開放的な空間

このような住まいで何より印象的なのは、リビングルームの横に設けられた空間です。それは屋内部分にあるため一見すると部屋のように見えるかもしれません。ですが、外に対して壁が無いため、外の風や太陽の光が入り込む場所になっています。そして屋根があるため雨に降られることはありません。そのため、ここは家の中でも外でもない中間的な空間として開放感を生み出してくれるのです。

風や光を感じられる家

こうした中間的な空間は他にも大きな役割を果たすことになります。それは屋内では感じにくい外の光や風を感じられること。リビングは奥まったところにありますが、そこは風や光が入り込むスペースの隣にあります。そのため、そこに入り込む光をリビングでも感じることができます。また窓を開ければリビングに風を届けることもできます。そのため、ここでは家の中にいながら、外の風にあたり、そして暖かな太陽の光を感じることができるのです。そして心地良い暮らしを送ることができるのです。

開放的なコンクリートの家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!