見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

おしゃれは玄関から 〜第一印象を変えよう〜

Nami Sasaki Nami Sasaki
Loading admin actions …

今回は、つまらない玄関をお洒落な玄関に大変身させるための、10のアイデアをご紹介します。おしゃれは足元から、ならぬ、おしゃれは玄関からです。

鏡×ベンチ×靴箱

MAAD Architectesが手掛けた廊下 & 玄関
MAAD Architectes

Entrée fonctionnelle et esthétique

MAAD Architectes

まず初めにご紹介するのは、女性の「こんなのあったらいいな」が詰まったこちらのおしゃれなエントランスクローク。最後に上着を羽織った状態で、ファッションチェックの出来る鏡。靴が屈まずに履けるベンチ。そして大容量の靴箱。これら3種の神器をひとまとめにしたのは、フランスのMAAD ARCHITECTES。急な来客でも、このベンチにひとまず腰をかけてもらえば、十分対応できそうですよね。玄関スペースに余裕があれば、ぜひ取り入れたいアイデアです。

家を貫く

すっと通る視線が奥行きを感じさせてくれるこちらのおしゃれな土間。group-scoop architectural design studioが、全長約20mの長い一枚屋根に包まれた平家を設計しました。勾配がつけられた屋根と壁の間は明り採りになっていて、暗いイメージのある廊下を明るく照らし、さらに廊下の反対側の部屋にまで太陽光を届けます。ドアをくぐった瞬間、玄関がそのまま家の中心を貫いているという潔さを感じることができるでしょう。

大胆にデザインする

Nice Brew Interior Designが手掛けた廊下 & 玄関
Nice Brew Interior Design

Private Residence, Surrey

Nice Brew Interior Design

すっきりとした四角いフォルムを基調としたこちらの玄関。ドアのサイドに設けられたガラス窓が、玄関をたっぷりの光で照らし出します。暗く狭くなってしまいがちな玄関も、このように思い切って、大きな開口と家具を配置してしまえば、エントランスホールと呼ぶにふさわしい、お客さんをおもてなしする空間に早変わりします。

遊び心をもって

玄関はインテリアで遊べるスペースでもあります。こちらのように、大柄のインパクトの強い壁紙を一面だけ貼ってみたり、真っ赤なキャビネットを合わせてみたり。他の部屋でなら奇抜すぎる試みも、玄関では不思議とアートな空間に早変わり。絵になる玄関、作ってみませんか。

形で表現する

メキシコのConcepto Taller de Arquitecturaによる玄関。シンプルでありながらも、素材のもつ形が活かされていますね。鏡の形が空間全体に彩を添えています。また、ドアと飾り棚の素材を揃えているため、統一感を感じることができます。家とデザインを一体として考えられたデザインです。

心に余裕を

出かける前はどうしてもバタバタしがち。何度も確認したはずなのに、出発する直前になって、マフラーがない、鍵がない、と毎回大騒ぎしてしまいますよね。このようにハンガーフックや収納のたくさんついた「おでかけセット」があれば、もうそんな心配はありません。スマートにおでかけしたい人は、ぜひ取り入れたいアイテムです。

すっきりと、でもかわいく

こちらは一般住宅には珍しい二枚扉のある玄関。扉の色が、モスグリーンとホワイトの2色で塗り分けられているのがお洒落ですね。覗き窓も大きめにまるく取られていて、可愛らしさがあります。インテリアもホワイト、モスグリーン、薄いピンクの3色にしぼられ、シンプルながらもセンスよくまとまった玄関です。

上へ魅せる

TOTUSが手掛けた廊下 & 玄関
TOTUS

Loft conversion and house remodelling in Wimbledon

TOTUS

玄関を入ると、たいていの住宅でまず目に飛び込んでくるのが階段。TOTUS CONSTRUCTION LTDは、階段わきにショースペースを設け、たとえスペースに余裕のない玄関でも、彩りのあるデコレーションを可能にしました。このように白を基調にすると、置物の色が映えて一層お洒落に見えますね。また、まず階段に目を奪われることで、視線が上に抜けるため、開放感を感じることもできます。

ジュエリーショップ風

まるでジュエリーショップのようなこちらの玄関。ショーケースを目線の高さに持ってくることで、小さな物でもじっくり楽しむことができます。季節によって中に入れるものを変えてもお洒落ですね。また、突き当たりには大きな鏡が置かれています。鏡には奥行きを出して、空間をより広く演出する効果があります。廊下が短い、折れ曲がっているという場合に、ぜひ取り入れたいテクニックです。

ひとつの部屋に

エントランスハウスシックな家: 有限会社タクト設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
有限会社タクト設計事務所

エントランスハウスシックな家

有限会社タクト設計事務所

4つのトップライトから差し込む太陽が明るいこちらの玄関。手がけたのは、千葉県を中心に活躍する有限会社タクト設計事務所です。8畳もの広さをとったおかげで、自転車もラクラク駐めておけます。自転車置き場の上は、ベンチも設置された子供たちの遊びスペース。こんなに快適な玄関だと、友達もついつい長居してしまいますね。

いかがでしたか?玄関がおしゃれになると、ゲストを呼ぶときも鼻高々になれますね。コメント、お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!