つどう×つながる家: 加藤淳一級建築士事務所が手掛けたテラス・ベランダです。

繋がりを楽しもう!集まりたくなる賑やかな住まい

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

近年、住空間に連続性や繋がりを持たせたプランの住まいを好む人が多いかもしれませんね。スキップフロアやロフト、ウッドテラスなど、住空間を様々なスタイルで愉しむ事ができます。今回ご紹介するのは、友人・知人、家族みんなが集まれる繋がりを感じることが出来る住まいです。新潟県新潟市を拠点に建築設計活動を行っている加藤淳一級建築士事務所が手掛けるこちらの住まいは、ダイニング・キッチンとウッドテラスを家の中心に配置し、そこから平面的に、ちったい的にと各室が連続するプランに。ダイニング、ウッドテラスに誰かが寛げば、気配を感じ各室からみんなが集まってきそうな空間です。

シンプルでモダンな外観

敷地があるのは新潟県新潟市内。民家が立ち並ぶ一角にホワイトカラーの外壁が目を引くシンプルな外観。通りからは特に大きく目立った開口のないプランはセキュリティー性にもプライバシー性ン委も優れたデザインです。真っ白で統一された外観に、玄関の木素材の扉が簡素な印象にナチュラルで柔らかな雰囲気をプラス。

写真:星野裕也

小さな小窓でつながる立体的な空間

室内は外観の印象をそのままにホワイトカラーとソフトトーンの木素材で包む一貫性のあるデザインです。オープンスタイルのキッチンからは、まるで中二階のように上階が少し下がった重なりのある空間に。ズレに設けた室内小窓からは空間と空間を繋げる機能を。覗きこめばキッチンに建つお母さんと子どもがコミュニケーション可能な距離感に。キッチンで調理しながら子どもの気配を感じられる立体的な空間に。キッチン周りの収納は壁面埋め込むようなスッキリとしたデザインも使い勝手が良さそうですよね。

写真:星野裕也

中庭を挟む広がりを感じるリビング・ダイニング

キッチン・ダイニングとウッドテラスを中心としたプランの本住宅はウッドテラスからの採光と風の抜ける気持ちのいい空間です。ウッドテラスを囲うように、連続したリビングはまるで住空間に屋外空間が入り込んだような開放的で明るいスペース。平面的にも広がりを感じることのできるパブリックなスペースは友人・知人を招いても十分な広さと余裕のある住空間です。

写真:星野裕也

気配を感じる住空間

素地仕上げの木フロアが気持ちよさそうな明るい個室。キッチンと繋がる小窓のあるしつは子どもの目線では下階の家族が身近にいるような距離感を感じることができます。肌から木のぬくもりを直接感じられそうな空間は、素足で遊ぶのが丁度いい安心感あるインテリアです。

写真:星野裕也

屋内外を繋げて過ごす心地のいい住まい

お天気の良い昼下がり、ウッドテラスに繋がる開口を開け放てば、まるでダイニングの一部のように広々と過ごすことが可能です。元気のいい子どもはウッドテラスのお日様の下で、両親は室内ダイニングでのんびりと。パブリックなスペースに集まりたくなる住空間、自然の豊かな温もりと心地よい風を愉しめる住まいです。

写真:星野裕也

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!