京唐紙が空間のコアに: 安井正/クラフトサイエンスが手掛けたです。

和風な素材の壁紙- 生活の背景に変化を加える‐

An F An F
Loading admin actions …

日本建築の良さが見直されている昨今ですが、建築そのものでなくても住宅に和の趣や味わいを取り入れることはできます。例えば、内装の素材や壁紙などの質感にこだわってみることで、比較的簡単に部屋の雰囲気を変えることができます。今回は和風な素材の背景をもつ10の住宅をご紹介いたします。

風を感じさせる、爽やかな障子の壁

ARKSTUDIO一級建築士事務所が提案するのは、居間の上部まで優しい光を取り込んでくれる障子の壁を備える吹き抜けの空間です。「自然と共に豊かに住まう家」というテーマのもと建てられたこちらの住宅は、大阪下町の郊外で周囲の自然を存分に感じながら生活できるものとなっています。住宅には自然素材が多く使用され、和紙や木材の醸し出す豊かな和の香りとナチュラルな雰囲気が魅力となっています。

落ち着いた和モダン空間

~深い軒の外部空間を楽しむ『平屋の大屋根の美しい家』: 西薗守 住空間設計室が手掛けた浴室です。
西薗守 住空間設計室

~深い軒の外部空間を楽しむ『平屋の大屋根の美しい家』

西薗守 住空間設計室

大きな屋根と軒が作り出す内外の曖昧な空間を、豊かに楽しめる平屋住宅のこちら。大屋根の下に広がる住空間は、どこにいても外へ繋がる雰囲気と家族の気配を楽しめ、日本建築の精神をモダンな住宅に受け継いだものとなっています。お客様も使用するレストルームは、家全体の雰囲気と合わせた渋くモダンな和の印象を持っています。ユニークな和風の壁紙は落ち着いた和モダンな空間を作り出しています。

こだわりの京唐紙

和室の空間をユニークに彩るのは、こだわりの京唐紙を使用した襖です。京唐紙「KIRAKARACHO」のトトアキヒコ氏が手がけたこちらの襖は、どの家庭にも一室はあるであろう和室にユニークさを与え、雰囲気を引き締めながら幽玄さを与えています。建具など内装の一部分にちょっとした遊び心を持つことで、くつろぎの空間をオリジナルに彩ることができます。部分的に和モダンなセンスを取り入れることで住宅をおしゃれにしています。

素材感を楽しむ

homifyが手掛けたリビング
homify

休息の時をハイテンションに過ごすリラクゼーション・リビング

homify

都心部の閑静な住宅街に位置するこちらの住宅は、外壁や庭、内装にまで自然の素材が醸し出す味を豊かに楽しめるようになっています。キッチンダイニングの壁には爽やかなグリーンを基調とした細やかな石の造りです。中庭に自然石や植物を備えた水盤を持ち、屋内空間のインテリアと調和した贅沢な空間を作り出しています。落ち着いた和のセンスを持つ、アジア風なモダン住宅となっています。

木造のモダン建築

中庭を持つ高台のいえ: shu建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
shu建築設計事務所

中庭を持つ高台のいえ

shu建築設計事務所

周囲には豊かな自然が広がる高台に建てられたこちらの住宅。広々とした住宅の真ん中には中庭を持ち、建築のほとんどは木造となっています。周囲の自然ともよく調和する木の香りが豊かな内装ですが、外観は木材を黒く塗った炭のような仕上がりであり、シックで重厚な雰囲気を持ったモダンな建築となっています。自然との調和、そして素材の醸し出す豊かな雰囲気を引き締めるクールな和の外観は、開放感のある設計に落ち着いた雰囲気と趣をプラスしています。

懐かしさを感じさせる空間

築約100年の京都の町家をリノベーションしたこちらの住宅。本来建築が持つ雰囲気を踏襲しながら、あえて現代的な素材を大胆に取り入れることでさらに伝統的な美が際立つようになっています。小さな日本庭園や縁側の豊かな回廊を持つ一階と、屋根の形や剥き出しの梁をまざまざと感じさせる二階をつなぐ小さな階段のスペースです。ぼんやりとした暖色の灯りに照らし出される襖や漆喰の壁の素材感から、伝統的な日本建築の雰囲気と趣を感じることができます。

茶室の壁

千葉県富津市に位置するセカンドハウスに備えられた、茶室にある小さな給水スペースです。海のそばのこちらの住宅はクライアントの週末の逃げ場であり、茶室にもゆったりとした時間が流れています。ほうじ茶のような色味の土壁は茶室の伝統的な様式であり、漆喰のように塗り上げることなく自然な仕上げをすることで茶の湯の安らぎの空間を素朴な、素材を楽しむ精神を持った場所へと作り上げてきました。ざらりとした手触りは、茶の苦味のように自然と人の心を落ち着かせてくれるものです。

現代的な和のセンス

京都に位置するこちらの住宅は、都市的でモダンな和のセンスと伝統的な日本建築の様式美がよく調和したユニークな建築となっています。優しく、渋みのある木造のシックな外観の内部には、最高をちょうど良く調節し周囲の緑を反映してくれるすのこ造りの幅の広い窓や、このような可愛らしい和紙を使用した襖などが備えられています。ミニマルな都市の暮らしに合わせ、可愛らしい和のセンスを取り入れた住宅です。

建具や漆喰の壁が持つ趣

山梨の舎Ⅱ(民家再生)‐土間の玄関: 有限会社中村建築事務所が手掛けた壁です。
有限会社中村建築事務所

山梨の舎Ⅱ(民家再生)‐土間の玄関

有限会社中村建築事務所

築130年の山梨の古民家をリノベーションしたこちらの住宅。広々とした三和土を備えるエントランスは、白い漆喰の壁と古い木材の醸し出す渋い雰囲気が魅力となっています。古い木造建築であっても、白い漆喰や障子の襖を多く備えることで建築の趣を守りながら明るい住空間を作ることができます。味のある壁の素材感もさることながら、元からあった古い建具をあちこちに配することで、伝統と時を経た美を保ったまま現代の暮らしに便利な住宅が出来上がっています。

粋な空間

奥行きを生かした日本建築風の住宅にあるこちらの和室は、伝統的なだけでなく斬新かつ遊び心のある”粋”な空間となっています。赤茶と紺の襖は、モダンでシックなセンスを感じさせてくれます。それだけでなく、窓部分の建具の斬新なデザインや印象的な部屋右側の壁紙、襖上の小さな木の装飾など、モダンなデザインと伝統的な装飾が醸し出すお洒落な雰囲気が、他にはないユニークさであり魅力となっています。

和風な素材の壁紙、背景について、あなたのコメントも是非お書きください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!