見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

かわいいお庭でとっておきの時間を

Nami Sasaki Nami Sasaki
Loading admin actions …

住宅を設計するにあたって、お庭のデザインは悩みの種。モダンデザイン、自然を活かしたもの、日本庭園、イングリッシュガーデン… と選択肢は様々。せっかくなら思いっきりかわいくして、非日常の空間を作り出してみませんか。特別な空間であればあるほど、きっとリフレッシュ出来るはず。どんなテイストのお庭にもぴったり合う「かわいい」を探してきました。

童話の世界

まず初めにご紹介するのは、不思議の国のアリスに出てきそうなこちらのお庭。イギリスのCOOl GARDENS LANDSCAPINGが手がけました。大きく振られたシャンデリアも、豪華で素敵ですよね。垣根に鏡をたくさん取り付けるだけで、まるで絵本から飛び出してきたような、かわいいお庭が出来上がりました。額縁に特徴があるものを選ぶのが、より豪華に見せるコツです。

風に揺られて

繭の殻にすぽっと収まるようなイメージのこちらのチェア。手がけたのはブラジルの建築家Ésse Arquitetura e Interiores。2つ並んで吊り下げられているのが、なんとも可愛らしいですね。草籠のように編まれたデザインは、風を通し、見た目にも涼やかな印象に。ローテーブルと素材を合わせることで、統一感が生まれます。

灯りがきらめくお庭

赤茶色のレンガとからまるツタのコントラストが素敵なこちらのお庭。シャンデリアに光が灯れば、まるでおとぎ話に出てきそうな空間に。大きな時計がアイコンになって、おとぎの世界の雰囲気がより高まりますね。ガラス張りの温室部分も、黒の細いサッシを使うことで、現代的になりすぎず、住宅とうまく調和しています。

木に見守られて

お庭にあったら大興奮間違いなしの、こちらのツリーハウス。子供たちの冒険の場所、秘密基地として、そして親もくつろげるような場所として作られました。リスが木々を飛び跳ねる様子をイメージしてデザインされ、子供たちはロープやはしごをよじ登ってアクセス出来るようになっています。お庭の木が子供たちの成長を見守ってくれるなんて、素敵ですよね。

光と水のハーモニー

こちらはドイツのランドスケープ作家が手がけたペルシャ式の庭園。放物線を描く噴水が幾重にも重なって、光のシンフォニーを奏でます。噴水の先のあずまやに見えるランプもロマンチック。シンメトリーのデザインや幾何学模様のタイルが異国情緒を醸し出し、まるでアラビアンナイトの世界ですね。

海風を感じて

ストライプ模様が爽やかなこちらのベンチ。ドイツでは「Strandkorb」と呼ばれ、主にビーチで使われます。座るとまるで箱の中にすっぽり入ってしまったような感覚で、海辺の強い風と陽射しから守ってくれる、快適チェアです。お庭に置いても、アクセントになってかわいいですよね。ベンチの下は収納になっているので、細々したお庭道具もしまえて、一石二鳥です。

まんまる苔玉

こちらは、ガラス作家の西中千人さんの作品を使って、日本庭園とガラスのコラボレーションというプロジェクトの作品のひとつ。手がけたのは株式会社グリーンガーデナーです。竹林に下げられたこの大きな苔玉。風が吹くと、竹のしなりとともに大きく揺らぎます。しかも中にはガラスの棒で作られた風鈴が入っているので、そよそよという音とともに、どこからともなく風鈴の音も… 。まんまるのフォルムが愛らしく、日本庭園を「かわいく」することに見事に成功しました。

ミモザのテラス

ミモザの木から発想した家: ユミラ建築設計室が手掛けたテラス・ベランダです。
ユミラ建築設計室

ミモザの木から発想した家

ユミラ建築設計室

こちらは、クライアントの「ミモザの木を育てたい」という願いから、ミモザの花をイメージして建てられた住宅の屋上テラス。手がけたのは東京で活躍するユミラ建築設計室です。こんなに鮮やかな黄色に包まれると、身体の内側から元気になれそうですね。サンシェードがあることで、南欧のような異国情緒を醸し出しています。

カラフル!フラワーウォール

土間でサンマの焼ける家: ユミラ建築設計室が手掛けたテラス・ベランダです。
ユミラ建築設計室

土間でサンマの焼ける家

ユミラ建築設計室

カラフルなお花がかわいいこちらの中庭。細長い家も、中庭を設けることで、外交をうまく室内に取り込むことができ、さらに空間にメリハリがつきます。こちらで特徴的なのは、何と言っても壁一面の花壇。隣家と目隠しとして、木の格子に半透明のアクリルをはったスクリーンを使用しています。 視線は遮りながらも、光を通すこの方法は、暗くなりがちな中庭にもぴったり。こんなにたくさんのお花を飾れたら、ガーデニングが一層楽しくなりますね。

空に届け

KSL LIVINGが手掛けた庭
KSL LIVING

BALANCOIRE COQUELICOT

KSL LIVING

ナイスアイディア!と言いたくなるようなこちらのブランコ。フランスのデザイナーKSL LIVINGが手がけました。木やタイヤ等のバリエーションがありながら、なぜ今までクッション付きの座面を思いつかなかったのでしょう。お庭によく映える赤は、存在感抜群。ポピーなどのお花をデザインしたクッションは7種類の展開で、たくさん木にぶら下げると、さらに可愛さがアップします。

いかがでしたか?それぞれのお庭のテイストに合った「かわいい」を取り入れたいですね!コメント、お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!