外観: 若山建築設計事務所が手掛けた家です。

強度3倍の耐震設計で2250万円!家族も安心&快適なローコスト住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは住まいをローコストで建てる際、費用を抑えることばかりを考えしまいデザインや耐震に対しての希望を思い通りにするのは難しいと思っていませんか?今回ご紹介するのは、2000万円台ながら基準の3倍強度の耐震設計で完成させたモダンなローコスト住宅です。費用を抑えたにもかかわらず、それを思わせない快適でお洒落な住空間となっており、家族も安心感を持って暮らしを楽しむことができています。この住まいを手掛けたのは、三重県を拠点に活動する若山建築設計事務所です。一体どんなローコスト住宅となっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

3倍強度の耐震設計で2250万円

ロケーションは三重県。閑静な住宅地に建つ2階建てのモダンな住まいです。二方向に隣家が、一方は道路に面しているという敷地の状況となっています。黒い外壁がシックでお洒落なデザインが目を引くこの住宅ですが、実は建築基準法上の耐震強度の約3倍で設計&耐震工事をし、それにもかかわらず建築工事費は2250万円(税別)で完成されたというローコスト住宅なのです。建築家のアイデアと工夫によって実現した丈夫で安全かつモダンなこの住まい。ローコストとは感じさせない堂々とした佇まいをしていますね。

リラックスできるデッキテラス

こちらは1階のLDKに面して設けられたデッキテラスの様子です。どこか和風住宅の縁側を思わせるホッとできる空間は、室内の床と段差がなく作られているのでリビングの延長上にある半屋外スペースとしても利用できそうです。また、通りからご近所さんが声をかけてきたり、デッキに腰かけておしゃべりを楽しんだりと、交流の場としても活躍しそうですね。開口部を囲うようにして庇が設置され、雨や日射に対しての対策はもちろん、住まいのデザインのアクセントにもなっていてお洒落です。

ナチュラルで優しい雰囲気のリビング

こちらは1階のLDKの様子です。木目の美しいフローリングによって、部屋全体がナチュラルで優しい雰囲気に。また天井の構造材は露出させ、木の存在をより感じられることで空間のアクセントとにもなっています。大きな開口に面して設置されたデッキテラスが、室内と外部をゆるやかにつなぐことでリラックス感を生み出しているのもポイントです。LDKはキッチンと和室を含めワンルームのようになった作りで、家族みんなが一日の長い時間をここで快適に過ごします。

住まいが見渡せるキッチン

こちらはキッチンからリビングを見た様子です。リビングに設けられた大開口によって、このオープン型キッチンからも外の様子までよく見渡せ、子供がデッキテラスや外で遊んでいても目が届くようになっています。さらに、視覚的にも奥行きが生まれてより広々とした空間に感じられます。キッチンで料理や作業をしながら、LDK全体や外までも目が行き届く住まいの作りというのは、お子様を持つご家族としては安心なのではないでしょうか。

優しい雰囲気のあふれる子供部屋

フローリングや天井など木をふんだんに使い、優しくリラックスできる雰囲気の子供部屋の様子です。一部壁をパステルカラーにすることでかわいらしさをプラス。天井の勾配を利用して、入り口の上部に子供たちが大好きなロフトスペースを設けています。この子供部屋は、入り口のドアを2つ設け中央を境に対称的な作りとなっています。これによって、将来子供たちが成長したら間仕切りで2部屋にすることも可能のようですね。

バルコニーのついた水廻りスペース

こちらは洗面・脱衣所の様子。白を基調とした清潔感あふれる雰囲気です。奥にはちょっとしたバルコニーを設け、直接アクセスできる開口を設けることで、空間が明るくなるだけでなく、洗濯を干す際も移動が簡単でとても便利。バルコニーは囲まれた作りのため、洗濯物の様子を他人に見られることはありません。また、室内に湿気がこもる心配も必要なさそうです。ローコストでも工夫次第で、こんなにもお洒落で快適な住まい作りが可能であることを、この家は私たちに教えてくれているようです。

強度3倍の安心な耐震設計のローコスト住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!