bent: 一級建築士事務所hausが手掛けたリビングです。

中庭を上手に活かす住空間

kanako K kanako K
Google+
Loading admin actions …

出来れば誰しも生活空間は外部の人には覗かれたくないものですよね。しかし、敷地の条件によってはそんな外部からの視線を外したとしても、生活環境にとっては重要な採光や通風の確保が難しくなり、ストレスの多い住環境となってしまうかもしれません。そんな環境を解消してくれる工夫の一つに「中庭」を用いた環境。そこで今回ご紹介するのは、ライトコートとなる小さな中庭がもたらす快適な住環境をもった住まいです。一級建築士事務所HAUSが手掛けた本住宅は少し感覚的にも楽しい工夫の凝らされた、3人家族がほのぼの過ごせる住宅です。

青空に映える白い外観

爽快な青い空に映える、少し鋭角なフォルムを持った白い外観の本住宅。その見た目はシンプルで、まるで中庭をもった住まいには見えません。北西から見る本住宅は南にも東にも住宅が接近しています。そんなロケーションから生まれたのは。プライバシーの確保を意識した外観に。

玄関スペースを明るくする効果

玄関を入れば早速見えるのは中庭。段下に位置した玄関は、少し複雑な形状に見えるけれど、中庭からの採光が気持ちのいい空間です。中庭に設えた植栽は白い外壁とウッドデッキに馴染むナチュラルな印象に。様々な角度で互いにぶつかる中庭、階段、玄関に、そして和室。どれも空間を上手に利用した調和のとれた連続性です。

リビングから感じる空間の広がり

二階に位置するリビングルーム。本住宅の計画は中庭を中心に各室が取り囲むよな配置になっています。それは外部からの視線は遮りながら、どの室に居ても家族の存在を感じることができます。リビングルームを包むのは、床の滑らかな木質のフローリングに壁、天井へと連続するような仕上げ。一巻に巻き上げたような木質空間はくつろぎの場所には嬉しい暖かな雰囲気。大きな開口を通してウッドデッキにキッチンエリアへと中庭によって空間の広がりを感じることができます。

空を取り込み爽快感を生む

二階の中庭に面したベランダへ出るとそこは小さなスペースが。まるで切り取られたような空が爽快感を持って気持ちよく開いています。完全なプライベート空間に取り込む開放的な中庭は、大胆に開くことの出来なかった立地に贅沢な空間をもたらしてくれます。

ストレスの無い住環境

開口を向いたキッチンは家事をするのが楽しくなる配置。家事をする合間だって雰囲気によっては効率も変わってくるものかもしれません。明るく開いた開口を前に、ご近所さん目を気にすることなどありません。晴れた日に目の前の開口を開け放てば中庭を通して、お料理のほのかな香りを感じて家族が集まって来る、なんてこともあるかもしれません。

雰囲気を生み出す

夕景の中の中庭。各室に明かりが灯ると中庭の白い壁は暖かな表情へと変わります。なんだか間接的に照らされた中庭はシンプルでスタイリッシュさと相まってリゾート地のホテルのような雰囲気も。外部へ閉じた中庭は大開口を持った住空間には夜でもカーテンいらずです。中庭を通して感じることのできる家族の存在と暖かさは機能以上の効果が生まれたのかもしれません。

中庭の持つ魅力が活きた住環境はいかがでしたか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!