スペース使用率を高めるロフト&梯子

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

三角屋根の住宅は多くの場合屋根裏部屋があります。 天井が低い場合は収納として、高さに余裕があるならそこは十分に生活空間ーロフトとして活用できる空間です。今回紹介する光風舎一級建築士事務所が設計したのは、リビングルームとキッチン&ダイニングを中心に、両側に広いロフトがある二世帯住宅。特徴的なのは、階段の代わりに木製のはしごを使うこと。スペース使用率を高めてくれる実用的なこのアイデア、さっそく見てみましょう。

外観

住宅外観は二色のコントラスト。 1階は柔らかいアイボリー、2階は落ち着いた濃紺でシンプルながら明るく家庭的な印象です。住宅密集地のプライバシー確保を考慮して道路側の開口部は少なめに、家を囲むフェンスは低く設置し圧迫感を抑えました。

階段

子世帯住居は二階へ配置。階段は省スペースのためやや急な傾斜が付けられていますが、手すりがあるので安心。 踏み板と蹴上げの両方を優しい色味の木材で製作し、落ち着きがあり視覚的にも安定している印象です。

キッチン&ダイニングルーム

こちらはキッチン&ダイニングルーム。 対面式のキッチンはダイニングに向かい合い、室内空間の奥行きを強調しています。フレキシブルな動線も実用的です。そして視線を上に上げてみると2つのロフトがあります。キッチン上部とリビングルーム上部にあるロフトが向かい合っている構造で、移動できる木製梯子を使用して上がります。階段ではなくはしごを使用することにより、下のスペースの利用率も高めてくれる素晴らしいアイデアです。

明るいロフト

リビング上部のロフトは比較的高さのある屋根中央部分に位置しているので、家具を配置し生活空間として支障がない高さと広さが確保されました。ロフトには自然光が差し込む窓を設置し、またダイニングルームの照明も十分届くので明るく居心地の良いスペースとなりました。

シンプル&ナチュラルなキッチン

キッチンは清潔感のあるシンプル&ナチュラルなデザイン。 ダイニングとリビングルームと向き合うシンクのあるカウンターは、先端部分を高く上げてパーティションのように活用。 キッチン内側に向かう視線を適切に遮断することで、いつもすっきりとした印象をキープできます。対面キッチンはいつも家族とコミュニケーションが取れる上、短い動線の中に多くの収納や調理スペースを確保することができとても実用的です。

書斎&勉強スペース

ダイニングルームの隅にデスクを置いて書斎&勉強スペースに。 壁に沿って奥行きの浅い天板を設置し、省スペースながら複数人で同時に利用できるゆったりとした広さがあります。書斎&勉強用のデスクをLDKに設置したこともこの住宅の特徴のひとつです。生活パターンの異なる家族が一緒に住んでいるのでなければ、日常生活が行われる空間を一つの動線で結ぶことは利便性を高め、機能的な空間作りにつながります。

空間を最大限に利用するアイデアいかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!