和の伝統と現代的な空間が融合した家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

最近では「和モダン」という言葉を聞くようになりました。それは日本的な空間を現代的なものにアレンジしたもので、伝統とモダンを組み合わせたものと言えるでしょう。今回紹介したいのも和モダンな家です。それは強い個性的な外観を持ちながら、そこには和を感じさせる要素が散りばめられています。そして他にはないような特別な和モダンの家となっています。それでは、そんな特別な家を早速見てみることにしましょう。

和を強く感じさせる外観

今回紹介する家を手がけたのは髙岡建築研究室。本住宅は愛媛県の西条市に建てられました。その敷地があるのは多くの家が建ち並ぶ住宅地の一角。このような住宅地では、本住宅は多くの人目を引き付けるでしょう。それは箱型の建物に大きな屋根が載った形をしています。そんな家で強い印象を与えるのは大きな庇。箱型の建物は現代的な印象を感じさせますが、庇はそこに和の雰囲気を加えて、強い個性を生み出しています。

夜に見せる建物の別の表情

このような建物の外観では、他にも大きな特徴があります。それは外壁に使われている木材。それは1階部分には濃い茶色の木材が、そして2階より上には明るい茶色の木材が使われています。こうした木材は普通に外壁として使われているわけではありません。外壁の木材は、それぞれ隙間を空けて組まれています。そのため木材の間に空間が生まれるのです。それは夜になれば、一層わかりやすくなるでしょう。夜には家の中の照明が木材の隙間から溢れてくるのです。そして夜には昼とは違った家の表情を見せてくれるのです。

和を強く感じさせる床の間

家の中に広がるのは和の空間。例えば床の間を設けた和室は、まさに日本の美意識を強く感じることができるでしょう。そこにあるのは畳の敷き詰められた部屋。床が一段高くなった場所があり、掛け軸が架けられています。それは生活の中に日本の美をもたらし、日本の伝統を常に意識させてくれるでしょう。

天井の高さが感じさせるモダンさ

もちろん、ここでは伝統ばかりを感じる訳ではありません。現代的な雰囲気も感じることができます。それを感じさせるのは掘りごたつのある部屋。こちらも畳が敷かれており、和室になっています。ですが大きな違いとなるのは高い天井。一部の天井は無く、そのまま屋根裏を見せています。そのため和室でありながらも広々とした広がりを見せて、他にはない和の空間を生み出しているのです。

ナチュラルな空間が可能にする心地良い暮らし

本住宅で何より忘れていけないのは多く使われている木材。家の外壁だけでなく内側にも多くの木材が使われています。木の柱や梁などは木の存在感を強く感じさせてくれるでしょう。また木材は暖かな雰囲気を生み出し、木の香りで家を満たしてくれます。そのためここでは木に包まれるような心地良さを感じることができるでしょう。このように本住宅では和とモダンさが交わり、心地良い暮らしを可能にするのです。

和モダンの家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!