リビングルーム3: 石塚和彦アトリエ一級建築士事務所が手掛けたリビングです。

コンクリートの土間が作る繋がりのある暮らし

mami.k mami.k
Loading admin actions …

日本の古来よりある建築様式の一つとして、土間を例に挙げることができるでしょう。屋外の地面とレベルを同じくしたこの空間は、外と内を曖昧に繋ぐ場所として近年見直しを図られています。土間によって、外との繋がりを感じられるお家のご紹介です。

人を招く家

土間リビングの家: FCDが手掛けた家です。
FCD

土間リビングの家

FCD
FCD
FCD

FCDの設計によるこちらの住宅は、歴史ある建造物や近隣の住宅に囲まれた場所に建っています。リビングから続く空間に、半屋外と言える土間があります。大きなガラス戸の開閉が可能なこの土間の存在が、人を招き入れるような印象を家に与えています。また、外から続くように同じ高さの床が広がっていることで、開放感が生まれています。

土間が作るあたたかい空間

レトロモダンな戸建てリノベーション: 安井正/クラフトサイエンスが手掛けたです。
安井正/クラフトサイエンス

レトロモダンな戸建てリノベーション

安井正/クラフトサイエンス

こちらは中央線沿いの住宅が密集した場所に建つお家です。昭和から建つ中古住宅をリノベーションしたそうです。新しい素材を極力使わず自然のもので外観、内装を仕上げた温かみのある住宅には玄関に広い土間があります。緑のカーテンで通りの視線を緩く遮ったこの空間には薪ストーブがあり、吹き抜けを介して二階まで温かい空気が伝わります。住宅地においても外への広がりと内部の温かさをしっかりと表現したお家です。

土間が繋ぐ三つの空間

こちらの住宅は、三つの異なる空間を一つの家に内包した住宅です。土間を通してそれぞれに迎える回遊できるお家となっています。土間を介して繋がる高さの違う床が家に奥行きをもたらしています。

子供たちの遊ぶ土間

エントランスハウスシックな家: 有限会社タクト設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
有限会社タクト設計事務所

エントランスハウスシックな家

有限会社タクト設計事務所

吹き抜けの天窓と大きなドアから明るい光の降り注ぐこの土間はお子様たちの遊び場になっているそうです。上に張り出したステップと高低差のない床が屋内へ穏やかに誘います。子供の気配を感じながら生活できる空間ですね。

趣味を楽しむ土間

土間でサンマの焼ける家: ユミラ建築設計室が手掛けた壁です。
ユミラ建築設計室

土間でサンマの焼ける家

ユミラ建築設計室

こちらは農家のような空間をご希望されていた施主様のご意向を汲んで建てられた住宅です。土間はサンマを焼いたりご主人の趣味に使われたりと多用な空間になったそうです。エントランスから土間、中庭、ダイニング、緑の多い外部と繋がるように配置され、木枠が優しい印象のガラス戸で仕切られた屋内は開放感でいっぱいです。

土間がもたらす和の雰囲気

次世代へ引き継ぐ家: 松井建築研究所が手掛けた家です。
松井建築研究所

次世代へ引き継ぐ家

松井建築研究所

都内に建つ築80年の日本家屋をリノベーションしたこちらの住宅は瓦屋根が立派な歴史を感じさせるお宅です。玄関アプローチから続く土間には薪ストーブがあり、木材が温かい雰囲気を醸し出している屋内に更に柔らかい熱をもたらします。モダンな玄関ながら、伝統的な様式を敷いたことで和の外観にしっくりと馴染む空間となっています。

土間そのものの持つ意味の活用

現在では玄関にその名残が見られるだけのことが多くなった土間ですが、かつては煮炊きや手洗いなどの生活空間として多くの活動を担っていた場所です。そんな土間本来の用途を踏襲した住宅がこちらです。キッチンのある土間は明るい色調で、木材のフローリングと調和しながら空間の開放感を演出し、また作業の場と憩いの場を曖昧に仕切っています

中にも外にもなる土間

こちらはマンションの六階にある土間です。窓際に配置されており、高低差のあるフロアを戸で仕切ることが出来るようになっています。窓を閉め、戸を開ければ内側、反対に窓を開けて戸を閉めれば外になるというフレキシブル空間となっています。土間が外と内を繋げていることの分かりやすく面白い例ですね。

外から家族の空間へとダイレクトに続く土間

広さを抑え、ワンルームに家族が寄り添って暮らすような住宅にしようと建てられたこのおうちには、外部と続くウッドデッキのテラスから土間、屋内へとなだらかな繋がりがあります。連結部として存在感を示している土間は広々として、この内でも外でもない空間は子供たちの遊び場や趣味のスペースとして活用されています。窓からも屋内へ入っていくことが出来る、外に開けた住宅です。

世帯を緩やかに繋ぐ土間

土間が繋ぐものは外と内だけではありません。こちらの二世帯住宅では世帯間の共有スペースが土間となっています。屋内とは言い切れない土間の存在が、二世帯住宅という距離間の難しい空間を心地良く繋いでいます。

【土間については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 知っておきたい!いま流行りの土間のメリット・デメリット  

※ 土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

日本の伝統はまだまだ現代において活躍しそうですね!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!