植物のためのミニ温室の作り方 | 初心者のためのガーデニング | homify

植物のためのミニ温室の作り方 | 初心者のためのガーデニング

Misaki Goto プロフィール写真/会社のロゴ Misaki Goto

素材

  • 植物
  • ペットボトル
  • はさみ
  • 鉢(オプション)

説明

水不足で葉が丸まってしまい植物が弱っているのを見たことがありませんか?そうならないために毎日水やりをしていますか?もしかすると、小さな温室を作ってみるといいかもしれません。暑く乾燥した気候では、熱帯植物は弱りやすくなってしまいます。そんな時は、手作りの温室の中に植物を入れて、「微気候」をつくり出し、水分がすぐに蒸発することなく水気を保てるようにしていけば、毎日水やりをする必要もなくなります。こうしたことから、特に水やりを頻繁に必要とする植物には、数日家を空ける時などにとても役に立つ方法です。


そこで今回は、ペットボトルから作るミニ温室を紹介していきたいと思います。数分で完成するとても簡単な温室ですし、お金もかかりませんので、是非試してみてください!

予算
15 分難易度簡単

ステップ 1: 植物を選ぶ

クズウコンのような湿度の高い環境を好む植物はこの手作り温室にぴったりです。この葉が丸まっているのに気づいたら、それは湿気不足の証拠です。その場合、この温室の中に数日置いておくと、違いがすぐに分かると思います。

ステップ 2: ペットボトルを選ぶ

温室に入れる植物を決めたら、適したサイズのペットボトルを用意しましょう。小さな植物には2Lのペットボトルが理想的なサイズです。

ステップ 3: ボトルをカットする

まず、ボトルの底をカットしていきます。ここからは、2つの方法があります。1つは植物を直接ボトルに入れる方法、もう1つは鉢ごとなかに入れてプランターのようにする方法です。

ステップ 4: ボトルに入れる

ペットボトルの底の部分に鉢ごと入れるか、鉢をとって植物と土だけ入れてください。

ステップ 5: 水やり

水やりは温室の効果をきちんと発揮させる上で欠かせないことです。植物にいつも通り水やりをすることはもちろん、温室の中に入れる前に霧吹きなどで葉にも水をかけてあげましょう。

ステップ 6: ボトルの上の部分をカットする

最後に、ボトルの上の部分をカットして、植物を覆うようにします。カットする前にどの長さで切るかを測っておくといいでしょう。切ったら、鉢の上にそれを被せて、植物が完全に覆われるようにします。上の覆いにガラス容器を使ってもらってももちろん大丈夫です。

このプロジェクトが好きですか?

コメント